アコム金利

  • アコムの金利を今よりも下げたい!
  • そもそも金利の引き下げなんて可能なの?
  • 金利を変更してもらうにはどんな条件があるの?

このような悩みや疑問にお答えしていきます。

アコムを利用していると、毎月返済する金額の中には金利が含まれています。

金利は元金の返済に充てられるわけではないですから、なるべく低いに越したことはないですよね。

支払う金利を納得した上で契約しているわけですから、文句を言う筋合いはないわけですが、下げられるのなら下げたいと思うのが自然です。

アコムの金利はどれくらいなのか?

まず最初に、アコムで定めている金利はどれくらいなのか見ていきましょう。

イメージしやすいように、他の大手キャッシングサービスと比較していきます。

消費者金融系カードローン 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
銀行系カードローン 金利
レイク 4.5%〜18.0%

このように、大手キャッシングサービスであれば、金利にほとんど大差はありません。

100万円未満をキャッシングする場合は、基本的に表の1番高い金利(17.8%〜18.0%)が設定されるので、ほぼ一緒と言ってもいいでしょう。

プロミスだけ0.2%ほど金利が低いので、借り換えをするのもいいと思いますが、アコムが他と比べて特別に金利が高いということはありません。

借入と返済の実績がないと金利引き下げは難しい

今よりも金利を下げたいと思う気持ちはわかりますが、闇雲に「金利を下げていただけないでしょうか?」と言ったところで、応じてくれることはほとんどありません。

アコムからしてみたら、金利というのは会社の利益になる部分です。

何の理由もなしに要望を受け入れて、自ら利益を減らすことは考えにくいですよね。

では、どうすればいいのかと言うと、アコムに優良顧客だと判断される必要があるのです。

「この人は優良顧客だから今後もお付き合いをしていきたい」と思ってもらえれば、金利を引き下げてくれる可能性があります。

優良顧客だと判断してもらうために、最も手っ取り早いのは借入と返済の実績を作ることです。

例えばですが、50万円キャッシングをして、毎月1万5000円ずつの返済を1年間などと続けていれば、アコムからは信用を得ていると言えるでしょう。

返済実績については、最低でも6ヶ月間は必要だと言われています。

金利引き下げ交渉を行う適切なタイミングとは?

アコムで金利引き下げをしてもらう条件としては、6ヶ月以上の返済実績を作ることだとお伝えしました。

ですが、6ヶ月以上の返済実績を作る=金利を引き下げてくれるというわけではありません。

アコムから金利引き下げの話をしてくれるケースは滅多にないため、金利を下げるにはこちらから交渉をする必要があるのですが、交渉には適切なタイミングがあります。

それが、アコムから増額の提案をしてきたタイミングです。

増額の提案をしてくるということは、良いお客さんだと判断されているので、交渉するにはベストなのです。

金利引き下げ交渉を行う時のポイント

意外だと思うかもしれませんが、こちらの交渉次第で、金利を下げられる・下げられないの結果は変わってきます。

単純に「現在返済の負担が大きいので、金利を下げていただくことはできませんか?」と言ったところで、応じてくれる可能性は低いと言えます。

ポイントは、金利を下げれば会社(アコム)にとってメリットがあると思ってもらうことです。

アコムにメリットがあると思ってもらうための交渉方法をいくつか紹介します。

  • 「他の消費者金融も利用していて、そちらの方が金利が低いのですが…」
  • 「1つの会社にまとめることを検討していて、最も金利が安くなるところにしようと思っています」
  • 「御社に一本化することを考えているのですが、その場合も金利は変わらないでしょうか?」

このようなことを伝えていけば、アコムに「金利引き下げた方が会社にメリットがある」と思ってもらえるはずです。

「今と全く金利が変わらないようでしたら、他社への借り換えも考えています」と強気に出るのも悪くないです。

こちらから交渉をしないと、金利が下がることはほとんどないので、金利を下げたいのなら上記のような交渉は必須となります。

アコムで金利引き下げ・変更してもらえる条件とは?のまとめ

この記事で解説した内容をまとめます。

  • アコムの金利水準は他社とほとんど同じ
    (プロミスのみ上限金利が0.2%低い)
  • 6ヶ月以上の返済実績がないと金利引き下げは難しい
  • 金利引き下げ交渉を行う適切なタイミングは増額の提案時
  • 交渉時のポイントは、金利を下げれば会社(アコム)にとってメリットがあると思ってもらうこと

金利の引き下げをしたいのであれば、今回のポイントをしっかりと押さえた上で交渉をするようにしてくださいね。

アコムでお金を借りる