アコム

こちらの記事では、アコムでお金を借りる前にチェックしておきたいメリットとデメリットをまとめています。

<アコムの詳細>

  • 実質年率 3.0%~18.0%
  • 融資限度額 800万円
  • 融資スピードの早さには定評があります。

アコム公式

アコムでお金を借りるデメリット

総量規制

アコムのようにキャッシングサービスを提供する貸金業者は、総量規制の対象となります。

総量規制:消費者金融・信販会社などの貸金業者は、年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけないという法律上(貸金業法)の決まりのこと。

そのため、無職や専業主婦のように収入がない人はアコムでキャッシングすることはできません。

また、例えば年収300万円の人がすでに100万円の借入をしている、という場合も総量規制の対象となりますので、新たにアコムから借入することはできないです。

「総量規制に引っかかっている場合どうすればいいのか?」ですが、銀行カードローンを利用するという方法があります。

銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借入をすることができますが、審査や返済延滞への対応が非常に厳しいので、実際に利用するハードルは高いと言えるでしょう。

銀行系より金利高め

アコムの金利は、銀行カードローンと比べると高い水準に設定されています。

なので、できる限り低い金利でお金を借りたい人は、銀行カードローンを利用した方がいいケースもありますが、金利が高くて悪いことばかりではありません。

金利というのはアコムの利益になるわけですが、高く設定されていることで融通が効きやすくなっているのです。

銀行と比べると、審査に通りやすかったり、即日融資をしてくれたり、利用限度額を高めにしてくれたり、という傾向があります。

消費者金融と比べて金利の低い銀行は利益を出しにくいため、審査に時間がかかることや、返済延滞に対して厳しいのが一般的です。

それに、「銀行系より金利高め」とは言っても、違いは数パーセント程度ですから、正直なところ気にするほどではありません。

アコムでお金を借りるメリット

初めての利用なら金利0円サービス

アコムを初めて利用する場合、30日間は金利が一切かかりません。

つまり、30日以内に返済できる見込みがあれば、借りたお金だけをそのまま返済すればいいわけですし、仮に返済の見込みが立っていなくても、30日分は金利がかかってきませんから非常にお得に利用することができます。

金利0円サービスを利用する条件としては、

  • アコムでの契約が初めてであること
  • 返済期日を「35日ごと」で契約していること

上記2点のみなので、利用条件は決して厳しくありません。

融資スピードが早い

アコムは申し込みをしてから融資を受けられるまでのスピードがとても早いです。

営業時間内に申し込み→審査通過→カード発行をすることで、即日融資を受けることができます。

営業時間
自動契約機(むじんくん) 8:00〜22:00(店舗によっては21:00まで)
店舗窓口 平日9:30〜18:00(店舗によっては19:00まで)

※店舗によって営業時間は異なるので事前に確認してください

お金って急に必要になることが多いですから、融資スピードが早いのは助かりますよね。

事前にネットから申し込みを完了させて、自動契約機でカード発行して借入する流れが最もスムーズなのでおすすめです。

楽天銀行口座で振込キャッシングに有利

振込キャッシングを利用する場合、銀行の営業時間内でないと反映されませんから、すぐにキャッシングをしたくてもできないケースがどうしても出てきます。

アコムの場合、平日の14:30(ゆうちょ銀行は14:00)までに振込の申し込みをすれば、当日中に借入できますが、時間を過ぎると借入は翌営業日になります。

ただ、楽天銀行は例外で、0:10〜23:50の間であれば、申し込みから約1分ほどで口座に入金してくれます。

0:10〜23:50ということは、ほぼ24時間すぐにキャッシングできると言ってもいいですよね。

それも、平日だけでなくて土日祝日も対応しているので、曜日を気にする必要もありません。

定率リボルビング方式

キャッシングサービスでは、主に以下2つの返済方法のどちらかを採用しています。

  • 元利定率リボルビング方式:借入残高に一定割合を掛けて算出された金額を返済する方式
  • 残高スライド元利定額返済方式:借入残高によって掛ける割合が変わってくる返済方式

残高スライド元利定額返済方式を採用している会社の方が多いのですが、アコムでは元利定率リボルビング方式を採用しています。

元利定率リボルビング方式では、掛ける割合が一定となるわけですが、アコムが定める掛ける割合は3.0%です。

今現在いくら借入しているとかは関係なしに、借入残高に3.0%かけて算出された金額が最低返済金額となるのです。

他のキャッシングサービスでは、借入残高が少ないほど、掛ける割合が高く設定されています。

借入金額に応じたアコムの月々最低返済金額は以下のようになります。

借入金額 月々返済額
100,000円 3,000円
200,000円 6,000円
300,000円 9,000円
400,000円 12,000円
500,000円 15,000円

※1,000円未満は切り上げ

他社で10万円などの少額をキャッシングした場合に比べて、10万円キャッシング→月々3,000円とアコムの返済額は少ないので、これは金銭的な負担を考えると大きなメリットだと言えます。

アコムでお金を借りる方法

早さ重視ならネット申し込み⇒むじんくん契約

先ほども少しだけ触れましたが、できるだけ早くキャッシングしたいのであれば、まずはネット申し込みをして、むじんくん(自動契約機)でカード発行→借入する流れがいいです。

ポイントは、むじんくんの営業時間内に審査を完了させることです。

むじんくんの多くは22時まで営業していますが、場所によって様々なので事前に営業時間を確認しておいて、遅くても営業終了の1時間前にはネット申し込みを済ませるようにしましょう。

急にお金が必要になって即日融資を受けたい場合などは、この方法がいいですね。

アコム公式

在宅完結重視ならインターネット申し込み⇒振込キャッシング

店舗や自動契約機まで足を運びたくない場合・誰かにバレるリスクを極力減らしたい場合は、在宅完結がおすすめです。

在宅完結でアコムを利用したいのであれば、まずはネット申し込みを行って、審査に通過したら振込キャッシングでお金を借りる方法がいいですね。

店舗や自動契約機に入るところを職場の人や知人に見られて、会社や家族にバレてしまうケースって意外とありますが、在宅完結であればそういった心配もいらないですね。

楽天銀行の口座を持っていれば、ほぼ24時間振込キャッシングをすることが可能になるので、利便性も◎です。

早さを重視するのか・在宅完結を重視するのかでキャッシングまでの流れは変わってきますが、どちらにしても、まずはネット申し込みをすることがベストであることに変わりはありません。

アコム公式