対話 会社員3 困る

管理人さん、実はちょっと恥ずかしい相談が有るんですが・・・。

対話 管理人1

リーマンさん、どうしたんだい?

対話 会社員3 困る

実は最近仕事が忙しくなってしまっているからか、生活習慣もみだれてしまい、抜け毛が激しくなってしまって・・・。なんか急に進行してきたんですよ。アレが・・・。それで、いろいろと調べてみたらAGA治療が良さそうだったので、勇気を出してやってみようと思うんです。でも・・・

対話 管理人2 困る

AGA治療、確かにあれはお金がかかるよなあ…。(実は薄毛を気にしていて、調べてみた経験あり・・・)

対話 会社員3 困る

そうなんです。それで、お金に詳しい管理人さんにどうすればいいか聞こうと思いまして。AGA治療ってあれだけ高額なんですが、みんなどうやって費用を捻出しているものなんでしょうか?

対話 管理人2 困る

基本的にリーマンさんみたいに、サラリーマンでちゃんと会社に勤めているような場合には、ボーナスを治療費用に充てるっていうのが一般的なんだ。でも、ボーナスまで待てない!一刻もはやく治療をしたい!ということだよね?

対話 会社員3 困る

そうです・・・。これ以上抜け毛が進行してしまったら、さすがに会社にいくのも恥ずかしいし、今付き合っている彼女にも…。

対話 管理人2 困る

そうか・・・。それなら、会社員で安定した収入があるリーマンさんには、おすすめの方法があるんだ。そんな良い方法を紹介しているから、以下の記事を参考にしてみてくださいね。価格の相場なども載せていますよ。

「最近やたらと抜け毛が増えてきた…」
「髪の毛が薄くなってきた…」

髪の毛の悩みは深刻ですが、薄毛は治せないものではありません。

一昔前であれば話は別ですが、今現在、薄毛は治療することが可能なわけです。

何も手段がないのなら諦めるしかないのかもしれませんが、AGA治療という手段があるのですから、薄毛に悩んでいるのであれば、少しでも早く治療することが絶対に正解です。

AGA治療は早ければ早いほど効果が見込めますから、時間との勝負です。

AGA治療は保険適用外ってホント?

AGA治療は、クリニックで処方される治療薬(プロペシア)や育毛剤(ミノキシジル)を使って薄毛を改善していくのが主な方法ですが、残念ながら、これに保険は適用されません。

そのため、AGA治療にかかる費用は全額負担することになります。

なぜ保険適用外なのかと言うと、厚生労働省が保険適用だと定めていないからです。

もちろん、薄毛というのは男性にとって深刻な悩みですが、治療しないからといって命に関わってくるわけではありません。

美容整形やレーシックなどと同じように、医療行為だとしても保険は適用されないのです。

こんなに高い?AGA治療費用相場

AGA治療ですが、それなりの費用はかかってきてしまいます。

金額だけを見たら安くはないですが、髪の毛が薄くなっていくことによる精神的な苦痛を考えたら、お金が用意できれば治療できるということは大きな救いです。

本当に本当に悩んでいることをお金で解決できるのなら、治療しないという選択肢はないですよね?

以下が、AGA治療の費用相場です。

治療方法 費用相場(1ヶ月)
カウンセリング 無料
診察 3000〜5000円
内服薬(プロペシア) 5000〜8000円
外用薬(ミノキシジル) 5000〜6000円
検査 5000〜18000円

検査には主に血液検査と遺伝子検査があって、遺伝子検査を行うと2万円近くと高額になります。

それと、クリニックによってはビタミン剤などが用意されて、別途費用がかかってくる場合があります。

1ヶ月のAGA治療にかかる費用の合計としては、2〜3万円が相場と言えるでしょう。

遅くなればなるほど、治療費用が高額に…

最初でもお伝えしましたが、AGA治療というのは早ければ早いほど高い効果が見込めます。

薄毛が進行するほど、改善するのに時間がかかってしまいますし、治療費用は膨らんでしまいます。

先ほど表で説明したように、AGA治療の主な方法は治療薬(プロペシア・ミノキシジル)によるものです。

ですが、薄毛が進行して治療開始が遅れると、自毛植毛をするなど、他の方法を取り入れなければいけなくなってきます。

すると、治療費用は一気に高額になります。少なく見積もっても100万円はかかるでしょう。

あなたはすでに「AGA治療をする」という手段を知っているのですから、早く治療を始めないのは、効果的にも・費用的にも非常にもったいないですよ。

みんなはどうやってAGA治療費用を捻出してる?

早ければ早いほど良いとは言っても、毎月の金銭的な負担が増えてしまうことは事実ですし、月に2、3万円を捻出することが難しい人が多いのも事実です。

では、みんなはどのようにしてAGA治療費用を捻出しているのか?ですが、基本的には以下のようにわかれています。

貯金を切り崩して費用に充てる

貯金がある場合は、貯金を治療費用に充てている人が多いです。

お金はただ貯めているだけでは意味がありません。そのままでは単なる紙切れにすぎないです。

だからこそ、イザとなったこのようなときに、貯金を使うっていう人は多いんですね。

将来のことを考えた時、治療費用にお金をかけるっていうのは、良い選択です。

ずっと薄毛を気にして生きていくより、悩みをなくしていきいきとした楽しい生活を送りましょう。

ボーナス費用を充てる

今回の相談者のリーマンさんのように、会社に勤めていてある程度のまとまった金額がボーナスとしてもらえるような場合には、ボーナス費用を充てるっていうのが有効な手段です。

足りない分は以下で紹介しているキャッシングに頼るっていうのもありです。

キャッシングはサラリーマンのように定期的に安定した収入がある人は、審査も通りやすいので非常に頼れるサービスなんですよ。

手遅れになる前に!キャッシングで解決しよう

上でサクッと紹介したけれど、「キャッシングサービス」と聞いてもピンとこないかもしれません。しかし、AGA治療費用を捻出する手段として、利用者はとても多いのです。

キャッシングサービスを提供している会社はいくつかありますが、大手のサービスを利用するのが安心です。

なぜかと言いますと、大手であればサービスが良心的ですし、倒産してキャッシングしていることが家族や会社にバレるリスクがほとんどないからです。
(仮に会社が倒産しても、返済義務がなくなるわけではありません)

キャッシングと聞くと高額な利息がかかってくるイメージを持つ人もいますが、例えば大手のプロミスで10万円をキャッシングしたら、2年(24ヶ月)かけて返済したとしても、合計の利息は2万円弱です。(参考:プロミスの利息など

思っていたよりも少ないと感じるのではないでしょうか?

金銭的な問題でAGA治療をしないでいると、時間だけが経過して手遅れになってしまう可能性だってあります。

時間が経過して、自毛植毛のように高額な方法しか残されなくなってしまうかもしれないですし、もっと薄毛が進行して、カツラを購入する他に方法がなくなるかもしれません。

手遅れにならないためにも、お金のことがハードルなのであればキャッシングを利用して、今すぐにでもAGA治療を始めることをおすすめします。

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方