アイフル 在籍確認書類

  • アイフルの在籍確認方法を知りたい!
  • 書類で在籍確認はできるの?
  • 派遣・アルバイトの場合の在籍確認方法は?
  • 主婦の場合の在籍確認はどうする?

この記事では、こういった悩みや疑問を解決していきます。

アイフルでキャッシングするのであれば、まずは審査に通過しなければいけないわけですが、そのためには必ず在籍確認を行う必要があります。

在籍確認は基本的に電話で行われるのですが、勤務先や家族に秘密にしている場合など、できれば電話をかけてほしくないケースってけっこう多いです。

アイフルの在籍確認方法について詳しく見ていきましょう。

在籍確認をすることは法律で義務づけられている

まず前提として、「在籍確認を行わない」ということはありえません。

なぜかと言うと、貸金業者が契約時に在籍確認を行うことは、法律で決められているからです。

そのため、在籍確認を一切していないような会社は、ヤミ金などの悪徳業者である可能性が非常に高いので、気をつけるようにしてください。

当然ですが、大手のキャッシングサービスであるアイフルが在籍確認を行わないことは絶対にありません。

書類での在籍確認はできるのか?

アイフルでは、勤務先への電話なしで在籍確認できる可能性が非常に高いです。

つまり、書類による在籍確認を行うことができるというわけです。

書類だけで在籍確認を済ますことができれば、勤務先にキャッシングがバレるリスクはほぼありませんから、とても助かりますよね。

書類のみで在籍確認を行う方法

書類のみで在籍確認を済ませたい場合、申し込み時にアイフルのスタッフに直接伝える必要があります。

「事情があるので勤務先への電話は避けたいのですが、書類で在籍確認を行うことは可能でしょうか?」

このように伝えればOKです。

書類での在籍確認の許可をもらった場合ですが、

  • 給与明細書
  • 健康保険証(社名入り)
  • 社員証

などを提出することによって、在籍確認を完了させることができます。(提出書類は申し込み時に確認するのが確実です)

書類での在籍確認がNGだった場合

申し込み時にアイフルのスタッフに書類での在籍確認をしたいと伝えても、「お客様の場合、電話での在籍確認は必須となります」と言われるケースもあるようです。

その場合、勤務先に電話がかかってくることは避けられないので、電話で在籍確認を行うことになりますが、電話はアイフルの社名ではなく個人名でかかってくるので、バレる可能性は低いと言えるでしょう。

ですが、どうしても勤務先に電話がかかってくるのが嫌なのであれば、書類で在籍確認を済ませられる他の消費者金融の利用を検討するといいでしょう。

派遣社員・アルバイト・主婦の在籍確認について

先ほどもお伝えしましたが、アイフルが「在籍確認を行わない」ということはありえません。

それはどのような勤務形態であっても同様です。

派遣社員の場合、アルバイトの場合、主婦の場合、どのように在籍確認が行われるのか?それぞれ順に解説していきます。

派遣社員の在籍確認

派遣社員の場合、

  • 派遣登録している会社
  • 実際に勤務している会社

この2つが存在しますが、在籍確認を行うのは派遣登録している会社に対してです。

わからなくなってしまう人が多いですが、雇用関係を結んでいる会社と覚えておけばOKです。

なので、書類で在籍確認を行うのであれば、派遣登録している会社の給与明細書や社員証を提出することになります。

アルバイトの在籍確認

アイフルはアルバイトでも利用ができますが、当然、その場合も在籍確認は行われます。

アルバイトの人が書類で在籍確認を行うのであれば、給与明細書を提出することが一般的ですね。

主婦の在籍確認

専業主婦は収入がないので、そもそも利用することができません。

アイフルに限らず、消費者金融は「返済能力があるかどうか」を審査基準の1つとして設けているので、収入のない専業主婦がキャッシングすることは難しいのです。

パートなどをやっていて収入がある場合は、利用することが可能なので、書類で在籍確認を行うのなら、アルバイトと同様に給与明細書などを提出することになります。

アイフルは書類による在籍確認可能?派遣やアルバイト・主婦は?のまとめ

この記事の内容をまとめると、

  • アイフルでは書類による在籍確認ができる可能性が高い
    (電話による在籍確認を避けられないケースあり)
  • 書類での在籍確認をするには、申し込み時にアイフルのスタッフにその旨を伝えること
  • 派遣社員の場合、派遣登録している会社の書類を提出
  • アルバイトの場合、給与明細書などを提出
  • 専業主婦は利用不可。パートなどの収入があれば利用可能。

この記事の内容を把握して、ぜひ書類による在籍確認を行ってみてくださいね。