アイフル 書類

  • 審査の必要書類を予め用意しておきたい!
  • アイフルの審査にはどんな書類が必要なの?
  • アイフルを利用するために保証人や連帯保証人は必要なの?

このような悩み・疑問を解決していきます。

アイフルでキャッシングするには、まず審査に通過する必要があるわけですが、そのためには決められた書類を提出することになります。

申し込みをする前に必要書類を知っておけば、すぐに書類を提出して審査が受けられるようになりますから、借入するまでの手続きをスムーズに進めることができます。

また、キャッシングする際に多くの人が気にするのが保証人・連帯保証人を用意する必要があるのか?という点です。

保証人・連帯保証人をつけるということは、家族など周りの人にキャッシングする事実を知られることになりますから、可能であれば避けたいと思いますよね。

審査に必要な書類保証人・連帯保証人について、この2点を順に解説していきます。

審査時に必要な書類は全部で2つある

アイフルに申し込みをして、審査をする際に提出を求められる書類は、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

上記の2つになります。

本人確認書類は申込者全てが提出することになり、収入証明書類は条件に当てはまった人のみが提出することになります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

アイフルが審査時に必ず確認する項目として本人からの申し込みかという点があります。

アイフルに限らず、他の消費者金融も同様ですが、本人と偽って申し込みをしていた場合は、例外なく審査に落とされます。

「本人からの申し込みか」をチェックする理由があるため、本人確認書類は全ての人が提出を求められます。

本人確認書類として有効なものは、以下が挙げられます。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

提出する本人確認書類の住所が現住所と違う場合は、公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑証明書のいずれかの提出が必要となります。

ネット申し込みをすれば、本人確認書類をスマートフォンのカメラで撮って、アイフル公式のアプリ(無料)で送信するだけで完了するので、非常に簡単です。

収入証明書類

提出が必要な2つ目の書類が収入証明書類ですが、こちらは全ての人が提出しなければいけないわけではありません。

提出が必要なのは、以下に当てはまった人のみです。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフル+他社の借入合計が100万円を超える場合
  • 就業状況などを書面で確認する必要がある場合

収入証明書類として有効なものは、以下が挙げられます。

  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書

※給与明細書は2ヶ月分が必要

会社員か自営業かで提出する書類が変わってくると言えますね。

アイフルの利用に保証人や連帯保証人は必要?

アイフルでキャッシングを考えているほとんどの人は、家族や友人に秘密にしたいと思っています。

秘密にしたいのに、保証人や連帯保証人を用意するとなると、キャッシングの事実を話さないわけにはいかないですから、かなり抵抗がありますよね。

でも、そのような心配はいりません。

アイフルでキャッシングするにあたって、保証人や連帯保証人を用意する必要はありません。

アイフル公式サイト内で商品内容の説明をしている箇所でも、「保証人:不要」とはっきり書かれているのでご安心ください。

なぜアイフルでは保証人が不要なのか?

保証人や連帯保証人を用意する理由は、キャッシングした本人が返済できなくなって回収できなくなるのを防ぐためです。

貸金業者としては、貸したお金が返ってこないのが1番困るわけです。

保証人や連帯保証人をつけておけば、万が一返済が滞ったとしても、代わりに請求できる人がいるわけですから、回収できないリスクを減らすことができます。

「じゃあ何でアイフルでは保証人が不要なのか?」ですが、これは審査時に本人の返済能力を細かくチェックしているためです。

だからこそ、利用限度額や他社借入金額が大きい場合には、収入証明書類の提出を求めているのです。

キャッシングはデリケートなことで、周りに知られたくない人がほとんどだということをアイフルも把握しているので、本人の返済能力を第一に審査をしているとも言えるでしょう。

保証人や連帯保証人が不要なのはアイフルに限らず、他の大手消費者金融も同様です。

アイフルの審査に必要な書類まとめ。保証人や連帯保証人は必要?のまとめ

この記事で解説したことをまとめます。

  • 審査時に必要な書類は全部で2つ
    (本人確認書類、収入証明書類)
  • 収入証明書類は提出不要な人もいる
    (借入限度額が50万円以下、アイフル+他社の借入合計が100万円以下)
  • アイフルの利用に保証人や連帯保証人は不要

ここまで読んでいただいてわかったと思いますが、審査に必要な書類と言っても、準備に手間がかかるようなものはありません。

本人確認書類のみの提出であれば、普段から持ち歩いている運転免許証をスマホで撮って、公式アプリで送信するだけで完了ですからね。

保証人や連帯保証人は不要なので、家族などに話す必要もなく、キャッシングを知られる心配をする必要もありませんから、安心してアイフルを利用してくださいね。