金利を下げる

  • アイフルの金利を今よりも下げたい
  • 返済時の負担をもっと減らしたい
  • アイフルの金利を下げることはできるの?
  • 金利を下げるためのポイントは?

当記事では、このような悩みや疑問を解決していきます。

金利って契約時に決定しています。

契約時の決まりということは、その内容に沿って返済していくことは当たり前のことですよね。

定められた金利を支払っていくことに文句を言うことはできませんが、金利が下がれば今よりも返済時の負担が減ることは事実です。

金利が下がる=元金に充当される金額が増えるわけですから、それだけ返済スピードも早くなりますからね。

アイフルの金利はどれくらい?

仮に、アイフルの金利が他のキャッシングサービスよりも明らかに高いのであれば、金利を引き下げることを考えるよりも、他社をに借り換えをした方が手っ取り早いですよね。

なので、まずはアイフルの金利水準を見ていきましょう。

消費者金融系カードローン 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
銀行系カードローン 金利
レイク 4.5%〜18.0%

…と、見てわかるように、若干の違いはあるものの、どのキャッシングサービスも金利はほとんど変わりません。

100万円未満をキャッシングする場合、基本的には上限の金利がかかってくるため、プロミスが17.8%、それ以外が18.0%となります。

プロミスに借り換えするのも1つの手段ですが、アイフルが他社と比べて高金利ということはないので安心してください。

金利を下げるには借入・返済の実績を作ること

アイフルの金利を引き下げたいのであれば、アイフルから信用を得て、優良顧客だと判断されることが必要です。

信用のない人に対して、今よりも金利を下げたところで、会社(アイフル)には何のメリットもありませんから、こちらが交渉しても応じてくれるようなことはほぼありません。

優良顧客だと判断されるためには、借入と返済の実績を作ることが重要です。

例えば、30万円を借入して、1年間に渡って返済を続けているなどという場合、アイフルから信用を得ている可能性は高いでしょう。

利用していないと、その人がどんな人か判断できたいため信用を得ることは難しく、最低でも半年以上の利用が必要だと言われています。

増額提案時に金利を下げる交渉をすること

アイフルに電話をして、「今よりも金利を下げていただくことはできないでしょうか?」と交渉して、実際に金利を引き下げてもらえる可能性はゼロではないですが、確率としては非常に低いです。

金利を下げる交渉をしたいのなら、ベストなのはアイフルからの増額提案時です。

アイフルから増額提案があるということは、優良顧客だと判断されているということです。

優良顧客だと判断されていれば、こちらの要望を聞いてくれて、交渉に応じてくれる可能性が高いのです。

金利引き下げ交渉時のポイント

増額提案時であれば交渉に応じてくれやすいとは言っても、「金利が高いんですけど下がりませんか?」などと一方的な要望を伝えてもダメです。

ポイントは、“金利を引き下げれば会社(アイフル)にとってプラスになる”と相手に思ってもらうことです。

具体的な交渉方法を紹介すると、

  • 「他のキャッシングサービスも利用していて、御社よりも金利が安いのですが…」
  • 「管理を楽にするためにも一本化を考えているのですが、1番金利が低いところを比較していて…」
  • 「増額時に金利を下げていただいたら、アイフルに一本化することを考えています」

上記のようなことをアイフルに伝えることで、「金利を引き下げればもっと利用してくれる」と思ってもらえるので、効果があります。

こちらから交渉をしないと、金利を引き下げてもらえることは滅多にないため、金利を下げたいのなら交渉は必須です。

金利引き下げ交渉に応じてくれないケース

いくら頑張って交渉をしても、交渉に応じてくれないケースが存在します。

それは、過去に返済延滞をしているケースです。

返済延滞をしているということは、約束通りにお金を返すことができない人と判断されますから、当然アイフルから信用を得ることは難しいです。

「約束通りに返済しないのに、金利を下げてなんて都合よすぎる」そう思われても仕方ないですね。

アイフルへの延滞に限らず、他の消費者金融などで延滞している場合も、金利引き下げ交渉に影響してくるので、この点は気をつけるようにしてください。

アイフルで金利を下げるには?金利引下げと変更のまとめ

アイフルでの金利引き下げについてまとめると、

  • 金利を下げるには借入・返済の実績を作ること(最低半年間)
  • 増額提案時に金利を下げる交渉をすること
  • 「金利を引き下げれば会社(アイフル)にとってプラスになる」と相手に思ってもらうことが交渉時のポイント
  • 過去に返済延滞していると金利引き下げ交渉に影響してくるので気をつけること

返済延滞などをして1度アイフルからの信用を失ってしまうと、取り戻すのは難しいので十分に注意しましょう。

増額提案時に、ポイントを踏まえてしっかりと交渉していくことで、金利が下がるケースは多々あるのでやってみてくださいね。