アイフル

  • 他社借入があるけどアイフルを利用したい!
  • アイフルの審査は他社借入があると不利なの?
  • アイフルでのキャッシングは総量規制の対象になる?

このような悩み・疑問を解決していきましょう。

「現在他社からキャッシングをしているけど、新たにアイフルを利用したい」

そういった場合、審査が不利になるのかどうかが気になるところです。

他社借入があると審査に通らないということであれば、アイフルに申し込む意味がなくなってしまいますよね。

また、キャッシングサービスを利用するにあたって大きく関係してくる「総量規制」についても、合わせて解説していきます。

アイフルの審査基準は?

そもそも、アイフルはどのような審査基準を設けているのでしょうか?

アイフルに限らず、消費者金融は詳細な審査基準は公表していなく、仮に審査に落ちたとしても、その理由を教えてくれることは絶対にありません。

ただ、アイフルのホームページには、以下の条件を満たす人が貸付対象者だと記載しています。

  • 年齢は20〜69歳
  • 定期的な収入があること
  • 返済能力があること

細かい審査基準はもっとあるはずですが、これらの条件を満たしていない場合、審査に通過することは100%ありません。

なので、例えばですが、

  • まだ20歳になっていない
  • すでに70歳を超えている
  • 専業主婦である
  • 無職である

このような人は、アイフルの審査に通過することができません。

審査の際にチェックされる項目

審査基準は公表していないものの、「属性スコアリングシステム」を採用していて、以下の項目をチェックされることは明らかになっています。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 居住形態
  • 借入状況
  • 信用情報

システムに基づいて審査に通過するか否かを決定しているのですが、結局のところ、アイフルが知りたいのは「この人は借りたお金をしっかりと返すことができるのか=返済能力」ということです。

アイフルとしては、約束通りに返済してくれないのが1番困るわけなので、様々な項目をチェックして総合的に判断しているというわけです。

他社借入があると審査に通らないわけではない

ここからが本題ですが、他社借入があるからと言って、審査に通過しないわけではありません。

2社、3社と複数社から借入をしていても、新たにアイフルの審査に通過するケースは少なくないです。

もう1度言いますが、アイフル知りたいのは「この人は借りたお金をしっかりと返すことができるのか」ということです。

他社からキャッシングをしていたとしても、返済能力があると判断されれば、問題なく審査に通過することができます。

現在の収入に対しての借入金額が大きいと、それが理由で審査に通らないことはあるので、そういった意味では「借入金額の割合によっては審査時に不利に働く」と言えるのかもしれません。

アイフルは総量規制の対象

アイフルに限らず、銀行を除く貸金業者は総量規制の対象となります。

総量規制とは?)
消費者金融や信販会社などの貸金業者は、年収の3分の1を超える貸付をしてはいけないという貸金業法で定められている決まりのこと。

「貸金業法」という法律上の決まりなので、総量規制に当てはまると、審査に通過することは100%ありません。

例えば、現在の年収が300万円で、他社からの借入合計が100万円ある場合、新たに借入できない=審査に通過することはないということです。

これはアイフルが決めていることではないので、仕方のないことですね。

もし、今の時点で年収の3分の1を借入しているのであれば、消費者金融からの新たなキャッシングは難しいので、銀行カードローンなどを検討することになるでしょう。

総量規制に引っかかっているかわからない場合は?

もし、今現在の借入合計が年収の3分の1を超えているかどうか曖昧なのであれば、試しに申し込んでみるのがいいでしょう。

すでに3分の1に達していれば審査に落ちることになりますが、「借入希望額は40万円だったけど、20万円までなら貸してくれた」というように、利用限度額を下げて貸付してくれるケースもあります。

変な言い方ですが、審査をするだけならタダですから、やってみる価値はあります。

アイフル審査は他社借入があると不利?総量規制対象?のまとめ

この記事の内容をまとめます。

  • アイフルは「属性スコアリングシステム」を採用していて、様々な項目をチェックして審査している
  • 他社借入があると審査に通らないわけではない
  • 収入に対する借入金額の割合が大きいと審査時に影響することがある
  • アイフルは総量規制の対象となる(消費者金融は全て対象)
  • 総量規制に引っかかっている場合は銀行カードローンなどを検討

1番のポイントは総量規制に引っかかっていないか(年収の3分の1をキャッシングしていないか)ですね。

現在の借入が年収の3分の1以下であれば、他社借入していても審査に通過する可能性は十分にありますから、まずは申し込んでみるといいですね。