atm

返済方法にはいくつかあるわけですが、ATMでの返済ができるかどうかをポイントにしている人は多かったりします。ATMで利用ができれば、近くのコンビニとかでも返済ができますからね。

アイフルの場合、「ATMでの返済は可能か?」というと、「可能です」というのが答えです。大手消費者金融の1つですから、ATMでの利用(借入・返済)ができるのは当然なのかもしれませんが。。

ただ、全てのATMで返済ができるわけではないので、その点は注意が必要です。

アイフルが提携しているATM

アイフルが提携しているATMであれば、返済することが可能です。

アイフル提携のATMは、以下があります。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • Enet(イーネット)
  • 親和銀行

セブン銀行はセブンイレブン、イオン銀行はミニストップのATMに入っています。Enetは、ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラ・スリーエフ・デイリーヤマザキのATMに入っていることが多いです。

見ていただくとわかると思いますが、ほとんどのコンビニで返済ができるというわけです。

24時間利用できるATMが多いので、カードを持っていれば、いつでも返済可能ということですね^^

※情報が古くなっている可能性もありますので、必ず公式サイトでもご確認ください。

ATMからアイフルに返済する場合の手数料

アイフルにATMから返済する場合は手数料がかかります。先ほど紹介した提携ATMであれば、手数料はどこも同じです。

取引金額 借入 返済
〜10,000円 108円 108円
10,000円〜 216円 216円

手数料がかかるのを避けたいのであれば、アイフルATM(自動契約機に備え付けのATM)を利用しましょう。アイフルATMは、手数料無料で、24時間利用可能です。

※情報が古くなっている可能性もありますので、必ず公式サイトでもご確認ください。

>> アイフル公式サイト