キャッシング ブラックリスト

「ブラックリスト」

一度は聞いたことのある言葉だと思います。

言葉の響きからして、ブラックリストに載ると何だか大変そうなイメージはつきますが、実際にどういった影響があるのか知らない人は多かったりします。そもそも、何をするとブラックリストに載るのでしょうか?

長期延滞をするとブラックリスト扱いになる

ブラックリストという言葉の方がなじみはありますが、ブラックリストに載るというのは、正式には信用情報機関に登録されることを指します。信用情報機関に登録されるのは、返済日になっても返済ができず、長期にわたって延滞をした時です。

ばらつきはありますが、2〜3ヶ月延滞をすると、信用情報機関に事故情報として登録されることになります。これが、世間一般で言われている「ブラックリストに載る」ということです。

気になるのは、ブラックリストに載った後ですよね。では、ブラックリストに情報が載ると、どのような影響があるのでしょうか?

ブラックリストに載ることによる悪影響とは?

ブラックリストに載ることによって、金融機関からの、あなたの信用度が低くなってしまいます。そうすると、以下のような影響が出てきてしまいます。

クレジットカードを発行できない

新しくクレジットカードを作ろうとした時に、作れなくなってしまいます。カード会社は審査の時に信用情報機関をチェックしますから、そこに延滞した情報が載っていると「この人にはクレジットカード使わせることはできないな」と判断されて、発行してくれなくなるのです。

また、今持っているクレジットカードを更新するタイミングに、更新ができずに契約終了という可能性も高くなります。

ローンを組むことができない

住宅ローンや自動車のローンなど、新たにローンを組むことが難しくなります。近いうちに家を買うことを検討している場合や、仕事でどうしても車が必要な場合には、ローンが組めないことは致命的ですよね。

住宅ローン・自動車ローンを組む予定があるのであれば、長期の延滞は絶対に避けなければいけません。

新規で融資を受けることができない

ブラックリストに載ると、銀行や消費者金融から、新たにお金を借りることができなくなります。急な出費の時・どうしてもお金が足りない時に消費者金融から借入をしている人にとっては、今後お金を借りることができなくなることは大きな問題です。

可能な限りブラックリストに載ることは避けるようにする

ここまで読んでいただいてわかったかと思いますが、ブラックリストに載ることでの影響は大きいのです。ローンが組めなかったり、お金が借りれなくなったりしたら困りますよね…なので、可能な限りブラックリストに載ることは避けるようにしてください。

そのためには、具体的にどうすれば良いのかというと、返済遅延が起こりそうなときには、別のキャッシングサービスから一時的に借りるのがおすすめです。初めてのご利用であれば、無利息期間が付いているキャッシングサービスもあるので、そういった所を活用するといいですね。