ブラックリスト削除

  • ブラックリストに載ってしまった!
  • ブラックリストから自分の名前を消す方法は?
  • 信用情報機関に削除要請ができるの?
  • ブラックリストの情報はどれくらいで消えるの?

上記のような悩み・疑問を解決する記事をお届けします。

2〜3ヶ月間の長期間に渡って返済延滞をしてしまうと、ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリスト=信用情報機関に金融事故情報が登録されることを指すのですが、ブラックリストに載ってしまうと、以後新たにキャッシングができなかったり、ローンが組めなかったりと、お金に関するあらゆる手続きに影響が出てしまいます。

「ブラックリストから自分の名前を消したい…」そう思うのが自然ですよね。

どうすればブラックリストから自分の名前を消せるのか、見ていきましょう。

ブラックリストから今すぐ名前を削除する方法は存在しない

カードローン主婦

ブラックリストから名前を消しますという広告はあるけれど、どれも信ぴょう性のないもの。期間が終了するまで待つしか手はないのです。

  • 今すぐにブラックリストから名前を消します
  • 金融事故情報を消す方法を教えます
  • ブラックリストからあなたの名前を削除する裏技があります

このような広告を見かけることがありますが、ブラックリストからすぐに名前を消すような裏技は存在しません。

後ほど詳しく解説しますが、期間が満了する前に、何らかの手段を使ってブラックリストから自分の名前を削除することは100%できません。

なので、上記のような広告を見かけた場合、それは詐欺広告である可能性が非常に高いので十分に注意してください。

自分の名前をブラックリストから消すには?

カードローン主婦

ブラックリストに登録されたら、全額を完済した後に一定期間(約5年)は待たないといけません。期間に関しては、はっきりと定まっているわけではないので、約5年は待つ必要があると考えてください。詳しい期間に関しては、以下のリンクを参考にしてみてください。

⇒ ブラックリストから消えるまでの期間一覧表をすぐに見る

お伝えしたように、ブラックリストから今すぐ削除するような裏技はありません。

裏技はありませんが、削除する方法自体は存在します。

完済後、一定期間の経過を待つこと

自分の名前をブラックリストから削除するには、借りたお金を完済してから、一定期間の経過を待つ必要があります。

ブラックリストに載っているということは、

  • 消費者金融でキャッシングしたお金を長期間延滞してしまった
  • クレジットカードの支払いが長期間できなかった

このようなケースに当てはまるかと思います。

今現在、まだ債務(支払うべきお金)が残っているのであれば、最初にするべきなのはそのお金を支払って、完済状態にすることです。

完済してから一定期間が過ぎることで、ブラックリストから情報が削除される(金融事故の登録が消える)のです。

「一定期間」とはどれくらいなのか?

カードローン主婦

ポイントは完済してからの期間ということ。完済しないといつまでも消えることはないので、しっかりと完済しましょう。

「ブラックリストから情報を消すには、完済して一定期間の経過を待つ」と解説しましたが、”一定期間”とはどれくらいを指すのでしょうか?

きっちりと期間が決まっているわけではないのですが、約5年と言われています。

以下の表を参考にしてみてください。

CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
返済延滞 約5年 1年以内 約5年
強制解約 約5年
代位弁済 約5年 約5年
自己破産(債務整理) 約5年 約5年 約10年
個人再生(債務整理) 約5年 約10年
任意整理(債務整理) 約5年 約5年

例えばですが、

  1. 長期間返済延滞をしてブラックリストに載ってしまった
  2. 2016年5月1日に完済した
  3. 2021年4月30日くらいにブラックリストから削除される

という感じになります。

約5年なので、上記の例の場合、2021年4月30日に必ず削除されるわけでなく、おおよその目安が4月30日ということです。

ごく稀に間違えてブラックリスト入りしているケースがある

カードローン主婦

自分がブラックリストに掲載されているかどうかについては、調べることができます。以下の記事を参考にしてみてください。

滅多にあることではないですが、返済延滞など一切していないのにも関わらず、金融事故情報が登録されている(=ブラックリスト入りしている)ことがあります。

何とも理不尽な話ですが、同姓同名の人が長期延滞をして、誤りででブラックリストに載せられるケースなどが存在するようです。

心当たりがないのに審査に全然通らない場合などは、まず自分の信用情報を開示してチェックしてみるといいです。

CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3つに開示請求するようにしましょう。

開示して、もし毎月しっかりと返済しているのに延滞の記録があった場合は、該当するクレジットカード会社やカードローン会社に問い合わせる必要があります。

その場合、正しい情報が確認できたら金融事故情報が削除されます。

完済できる見込みがない場合の対策

「完済してから約5年でブラックリストから削除されることはわかったけど、ちょっと完済できそうもない。。」

そのような場合は、債務整理を検討することも1つかもしれません。

債務整理には自己破産・個人再生・任意整理などがありますが、現在の借入状況や資産によって選択するべき手続きは変わってくるので、検討するのであれば、まずは弁護士や司法書士といった専門家に相談してみるといいですね。

先ほどの表でも解説していますが、債務整理を行った場合、

  • 自己破産:免責から約10年
  • 個人再生:完済から約5年
  • 任意整理:完済から約5年

上記の期間が経過すると、ブラックリストから自分の名前が削除されます。

完済できる見込みがないのに債務をそのままにしておいたり、少額ずつを返済していくのは正しい方法だと言えませんから、思い切って債務整理をしてしまうのも良い対策だと言えるでしょう。

信用情報機関のブラックリストから自分の名前を消す方法!のまとめ

この記事で解説した内容をまとめます。

  • ブラックリストからすぐに名前を消すような裏技は存在しない
  • 完済後、約5年経過することでブラックリストから名前が削除される
  • ごく稀に間違えてブラックリスト入りしているケースがある
  • 完済できる見込みがない場合は債務整理を検討してみること

今すぐにブラックリストから名前を消す裏技はありませんが、完済して期間の経過を待つことで消えるので、まずは借入をなくすことを第一に考えましょう。

ブラックリストに載っているか(金融事故情報が登録されているか)曖昧なのであれば、早めに信用情報機関に開示請求をしてみてくださいね。