キャッシング

  • カードローンの返済が苦しい…
  • お金を返したくない!
  • 返済の踏み倒しってできるの?
  • 借金に時効は存在するの?

このような悩みや疑問にお答えしていきます。

「カードローンで借りたお金は返済しなければいけない」

そんなことは言われなくてもわかっているかと思いますが、金銭的に返済するのが厳しくて「踏み倒してもいいかな?」なんて良からぬことを考えてしまう人もいます。

倫理的なことは置いといて、借金に時効が存在して、返済義務そのものがなくなるのであれば、踏み倒すということも可能になるかもしれないですよね。

カードローン返済の踏み倒しについて、現実的に可能なのか見ていきましょう。

カードローン返済を踏み倒すことは可能!

カードローン主婦

結論からいえば、カードローン返済を踏み倒すことは可能ですが・・・。そこには落とし穴もあります。

最初に結論をお伝えします。

カードローン返済は踏み倒すことができます。

…本当に踏み倒しができる事実に、驚いたかもしれません。

「え?踏み倒しができるのなら、借りるだけ借りて返済しなければいいのでは…」

そう思ったかもしれませんが、しっかりと最後まで記事を読んでくださいね。

借金の踏み倒し=時効援用

借金には時効が存在します。

借りたお金を返さなかったとしても、時効となる期間が経過してしまえば、返済義務がなくなる→借金の踏み倒しができるのです。

時効が成立するまでの期間は、誰にお金を借りたかによって異なってきて、

個人からの借金…10年
貸金業者からの借金…5年

上記のようになるので、カードローンを利用して返済義務がなくなるまでの期間は5年です。

5年が経過して自動的に返済義務がなくなるわけではなく、貸金業者に「時効が成立して返済義務がなくなるので、今後一切の催促などはしないでください」と伝えることで、その借金がなかったことになります。

これを時効援用と言います。

借金の踏み倒し(時効援用)は簡単なことではない

カードローン主婦

借金を踏み倒すのは非常に難しいです。どういった条件で適用されるのでしょうか?それを詳しく見ていきましょう。

「どうにかして5年間返済しなければチャラになる」と楽観的に考えがちですが、実際のところ、借金の踏み倒し(時効援用)を成立させるのは非常に難しいです。

カードローン会社はお金を貸すことを事業にしているわけですから、簡単に借金踏み倒しができるようにはなっていません。

時効成立までの期間がリセットされるケースあり

以下に当てはまる場合、時効成立までの期間がリセットされてしまいます。

時効成立までの期間がリセットされてしまう状況

  • カードローン会社に裁判を起こされる
  • 財産の差し押さえをされる

仮に時効成立まで残り10日だったとしても、裁判を起こされたり差し押さえをされたりすると、期間がリセットされて、また5年の期間が必要となります。

また、内容証明郵便で催促状が送られてくると、時効までのカウントが6ヶ月間中断されます。

カードローン会社は、時効を成立させないために郵送での催促を行うケースがよくあります。

少額でも返済をすると時効は成立しない

きちんと返済をしていなかったとしても、お金を借りている事実を認めると、時効は成立しません。

これを『債務の承認』と言います。

カードローン会社がよく行う方法としては、「利息のみでも返済していただけないでしょうか?」「5000円でよいので返済は可能ですか?」などと言って、少額の返済をさせることです。

少額だとしても返済した事実を残すことができれば、債務を承認したことになるため、時効成立までの期間がリセットされます。

10日後に時効が成立することになっていたとしても、たった1円でも返済をすると、振り出しに戻ります。

借金の踏み倒しのデメリット「ブラックリストに載るので注意」

カードローン ブラックリスト

ここまで読んで、借金の踏み倒しを成功させるのは非常に難しいことがわかったかと思いますが、仮に成功したとしても、それによるデメリットが存在します。

それがブラックリストに載る(信用情報に事故情報が登録される)ことです。

ブラックリストに載ってしまうと、以下のような影響が出てきます。

  • 新たにカードローンを利用することができない
  • クレジットカードを作ることができない
  • 住宅ローンを組むことができない
  • 自動車ローンを組むことができない

何でも現金一括払いをすることができれば問題ないのかもしれませんが、それってだいぶ困難なことですから、かなりのデメリットになってしまいます。

1社に対して借金の踏み倒しをすることによって、今後のあらゆる金融手続きに影響が出てしまうのです。

カードローン返済の踏み倒しはするべきでない

  • カードローン返済の踏み倒しを成功させるのは非常に難しい
  • 踏み倒しをすることによってブラックリストに載ってしまう

上記の理由から、借金の踏み倒しをするのは賢い選択だとは言えません。

時効援用を成立させようとしたけど、失敗して、信用情報に事故情報まで登録されてしまった…なんていう悪いことだけが残るケースだってあります。

カードローンはイザという時にとても助かるサービスなので、利用すること自体は悪いことではありませんが、「返したくないから踏み倒してしまおう」などと安易なことは考えないほうがいい!ということですね。