• 車のローンに通らなくて困っている!
  • 車のローンに通らないのはなぜ?
  • ローンに通らない場合の代替策はあるの?
  • 消費者金融でお金を借りるのはどうなの?

このような悩みや疑問を解決する記事をお届けします。

車を買う際にローンを組む人って多いですし、おそらくこの記事を読んでいるあなたも、ローンを組んで購入することを考えていたのだと思います。

なのにローンの審査に通らないとなると、困ってしまいますよね。。

一括で支払うことのできる場合は別ですが、一括で支払うだけのお金がないとなると、車の購入自体を諦めるしかないの?ということになってしまいますよね。

この記事では、ローンに通らなくて困っているあなたに向けて、ローンに通らない理由を解説した上で代替策についてもお伝えしていきますので、最後まで読み進めてみてくださいね。

車のローンに通らない理由とは?

当然ですが、車のローンに通らないのは何か理由があるわけです。

審査に落ちる原因となる項目を4つほど解説していきますので、当てはまっている項目がないかチェックしてみてください。

1、ブラックリストに載っている

車のローンに通らない理由として1番多いのが、ブラックリストに載ってしまったということです。

ブラックリストとは、信用情報期間に金融事故情報が登録されることを指します。

どのようなケースでブラックリストに載るかと言うと、

  • お金を借りて長期間延滞した
  • ローンを組んで長期間延滞した
  • 債務整理(自己破産や任意整理など)を行った

などが該当します。

完済してから一定期間経過しないと、ブラックリストに載った情報は削除されません。

「一定期間」については以下の表を参考にしてみてください。

CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
返済延滞 約5年 1年以内 約5年
強制解約 約5年
代位弁済 約5年 約5年
自己破産(債務整理) 約5年 約5年 約10年
個人再生(債務整理) 約5年 約10年
任意整理(債務整理) 約5年 約5年

2、家族がブラックリストに載っている

「1、ブラックリストに載っている」に似た理由になりますが、自分ではなく、家族の誰かがブラックリストに載っている場合も、それが理由でローン審査に通らないケースがあります。

なぜ自分以外の人が原因となって審査に落ちてしまうことがあるのかというと、「ブラックリストに載っている人が家族の名義で車を買おうとしている」と判断されてしまうことがあるためです。

これはローン会社によって判断が異なってくるので、審査に通過するケース・通過しないケースがあります。

家族がブラックリストに載っていることで審査落ちしたと考えられる場合は、ローン会社を変えて再度審査してみるのも1つですね。

3、収入が安定していない

ローン会社からしてみたら、滞りなくローンの支払いをしてほしいわけですから、収入が安定しないことが理由で審査に落ちるケースは少なくありません。

どのような人が収入が安定していないと判断されるかというと、

  • 雇用形態がアルバイト・パート
  • 勤続年数が1年未満
  • 収入自体が少ない

などが該当してきます。

上記のいずれかに当てはまっているから100%審査に通らないわけではありませんが、審査落ちの原因となる可能性があることは知っておきましょう。

4、他社からの借入金額が大きい

キャッシングなどですでに大きな金額の借入がある場合、ローンに通らないケースがあります。

例えばですが、年収300万円の人がすでに100万円ほどキャッシングをしているとなると、月々の返済金額も膨らんできますから、新たに車のローンを組むと返済が難しいだろうと思われてしまうわけです。

先ほどもお伝えしましたが、ローン会社としては滞りなく支払いをしてもらいたいので、返済できなそうな人にはローンを組んでもらいたくないのです。

原因(理由)を解消することが難しい場合の対策

上記で解説した4つの原因に当てはまった場合は、それを解消してから再度ローンの申し込みをすることで、審査に通過する可能性は高くなるはずです。

ですが、金銭的なことも関係するのですぐに原因を解消できるとは限らないですし、そもそもブラックリストの問題などは年数が経過しないと解消することは不可能です。

そこで、ここからはすぐに原因を解消することが難しい場合に、どういった対策(代替策)をすればいいかについてお伝えしていきます。

2つ紹介しますが、どちらもすぐに取り組めることなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

対策1:オークションなどで不用品を売る

まず1つ目の対策としては、オークションなどで使っていないものを売ることが挙げられます。

不用品とは言っても誰もほしがらないものでは売れないので、

  • 家電
  • ゲーム
  • 漫画
  • 洋服
  • アクセサリー・時計

まとまったお金を作るのなら、このあたりがおすすめですね。

「一般家庭には20万円相当の不用品が眠っている」とも言われているので、取り組んでみる価値は十分にあるかと思います。

不用品販売で頭金を用意できれば、理由によってはローンが通るかもしれませんし、中古車でしたら一括で買えるようにもなるかもしれません。

対策2:カードローンに頼る

売れるような不用品がない場合や、不用品を売っても車を購入できるだけの資金が作れない場合は、カードローンに頼るのも1つです。

カードローン利用すれば数十万円のまとまったお金を用意することができますから、車のローンが組めない時の代替策としてはもってこいです。

カードローンを利用する場合、たくさんの業者があるのでどこを選べばいいかわからない人が多くいますが、おすすめなのはプロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)です。

プロミスをおすすめするのは、

  1. 三井住友フィナンシャルグループの大手である
  2. 金利0円サービスを行っている

という2つの理由があります。

大手のカードローンを利用しないと、会社が倒産するリスクがあります。

会社が倒産してしまうと、借入金額の残りを一括で支払うように命じられるケースもあるので、カードローンを利用するにあたって大手かどうかは非常に大事になってくるんです。

また、プロミスには30日間の金利0円サービスが用意されていて、その間は利息が一切発生しないので、他社のカードローンと比べてお得に利用することが可能になります。

以上のことから、車のローンが通らない時の対策としてカードローンを利用するのであれば、プロミスを選ぶのがおすすめです。