水道代

電気代をどうしても払うことができずに滞納してしまったら、どのようなことが起きてくるのでしょうか?

最終的には電気が使えなくなることは知っているかもしれませんが、ただ利用停止になるだけではないのです。

利用停止になるまでの滞納期間について

電気料金には毎月支払日がありますよね。銀行引き落とし・クレジットカード・コンビニ払いなど様々な支払方法がありますが、期日までに支払いができないと「滞納」という扱いになります。

滞納をしていると、催促がきたり、再度支払用紙が届いたりするわけです。

その段階で支払いを済ませれば、利用停止になるようなことはありませんが、それでも滞納が続いていると、最終的には電気が使えなくなります。

それで、利用停止になるまでの滞納期間はどれくらいか?ということですが、これは電力会社によって多少変わってきます。

以下の表を参考にしてみてください。

利用停止になるまでの滞納期間まとめ

北海道電力 約50日
東北電力 約50日
北陸電力 約50日
東京電力 約60日
中部電力 約60日
関西電力 約50日
中国電力 約70日
四国電力 約60日
九州電力 約70日
沖縄電力 約60日

きっちり○○日と決まっているわけではありませんが、上記の日数が利用停止までのおおよその目安になります。

電気がもし止まってしまった後は?

1度電気が止まってしまったら、料金を支払うまでは利用することができません。それは当然のことですが、ここには注意点があるのです。

料金を支払えば利用を再開することができるのですが、払ってすぐに使えるようになるわけではありません!1度止めてしまった電気を復旧させるには時間がかかるのです。

支払いを確認した後、電力会社は復旧作業を行うわけですが、その作業が無事に完了してから、再び電気を利用できるようになるというわけです。

最初に「滞納したらただ利用停止になるわけではない」と書いたのは、これらの注意点があるからです。

電気が払えない場合、どのような対策があるのか?

ここまで読んでいただければわかったと思いますが、電気料金を滞納するとかなり手間がかかってしまいます。使えなくなったら困りますし、すぐに復旧されるわけではないですから。

なので、電気料金を滞納するようなことは避けなければいけません。

「でもお金がないから支払えないんだけど…」

どうしても電気料金を払うことが難しい場合の対策として、キャッシングすることが挙げられます。

一時的なキャッシングでしたら、ほとんど利息はかからないですし、誰かに迷惑をかけるようなことも一切なくなります。電気料金が払えないようでしたら、キャッシングを利用することで対応してみてくださいね。

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方