キャッシングをするにあたって、銀行口座を利用する機会はけっこう多いです。ほとんどの人は、現在持っている銀行口座を利用していますが、それだと損をしていることもあるのです。銀行口座によっては、振込手数料が無料になったり、24時間振込でキャッシングができたりと、便利になることがたくさんあります!

即日融資を受ける場合でも、消費者金融に対応している銀行口座を持っていれば、遅い時間でも融資を受けることができますからね。

今回は、キャッシングに便利な銀行口座を紹介していきますが、今後のことも考えていくつか作っておくことをおすすめします。特徴をチェックしていただいて、自分に合った銀行口座を作っておきましょう。

6つの銀行口座を紹介

楽天銀行

提携キャッシングサービス アコム ノーローン

口座開設数は500万を超え、誰もが知っている知名度を誇るのが楽天銀行です。楽天銀行の口座を利用するメリットとしては、楽天グループの他のサービスと連動しているという点です。

例えば、楽天のサービスとしては楽天市場が有名ですが、楽天銀行で貯めた楽天スーパーポイントを楽天市場で利用するなんてことが可能になります。楽天銀行の口座を利用すると楽天スーパーポイントが貯まりますから、楽天市場で買い物をする人にとっては大きなメリットと言えますよね。

アコム・ノーローンであれば、24時間振込でのキャッシングをすることができるので、この2社を利用している・利用する予定があるのなら、必須の銀行口座だと言えます。

ジャパンネット銀行

提携しているキャッシングサービス:プロミス

昔はあまり評判のよくない銀行でしたが、現在はそのようなこともなくなって、利用者が増えている銀行です。特徴の1つが、Yahoo!オークションのYahoo!簡単決済に対応している点です。ヤフオクをよく利用するのであれば、持っておきたい銀行だと言えますね。

昔は有料だった口座維持手数料は無料になりましたし、他の金融機関宛の振込手数料も172〜270円と決して高くないでしょう。プロミスでは、振込でのキャッシングを24時間利用することが可能です。

特にプロミスを利用している場合、「瞬フリ」というサービスを使うことで、振込受付をして最短10秒ほどで入金してもらえるので、とても使い勝手はいいですよ。

※瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録いただければ、24時間最短10秒でお振り込み可能。

>>プロミス公式サイト

三菱東京UFJ銀行

提携しているキャッシングサービス:アコム・モビット

説明するまでもないかもしれませんが、三菱東京UFJ銀行は3大メガバンクの1つで、信頼性の非常に高い銀行です。メガバンクだけあって、サポート体制が非常に充実していますし、ネットバンキングも利用しやすいです。

アコムを利用していて振込での借入をする場合、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると振込受付時間が延長されます。アコムの振込受付時間は通常14:30までですが、三菱東京UFJ銀行だと18:00までになります。

また、モビットに申し込む場合、三菱東京UFJ銀行の口座があると、申し込み→契約→借入までを全てネットで完結することができます。

>>モビット公式サイト

三井住友銀行

提携しているキャッシングサービス:プロミス

三井住友銀行も3大メガバンクの1つで、信頼できる銀行だと言えます。私自身、三井住友銀行のネットバンクを利用する機会が多いのですが、使い勝手はいいと感じています。

プロミスのサービス「瞬フリ」を利用する場合で、メガバンクを使いたいのなら三井住友銀行は必須です。24時間振込に対応してくれて、それも振込依頼をしてすぐに入金されるサービス(瞬フリ)は、使い勝手が非常に良いです。

>>プロミス公式サイト

セブン銀行

提携しているキャッシングサービス:アコム・プロミスアイフル

セブン銀行の1番の特徴は、提携しているキャッシングサービスの多さです。アコム・プロミス・アイフルという大手キャッシングサービスと提携しています。

提携金融機関の多くが、24時間利用(借入・返済)することが可能なこともあって、ここ最近、急激に人気が出てきている銀行となっています。当サイトでも一押しの銀行なので、まだ銀行口座を持っていないのであれば、作っておくことをオススメします!

イオン銀行

提携しているキャッシングサービス:アイフル・ノーローン

セブン銀行ほどではないですが、イオン銀行も提携キャッシングサービスが多いことが特徴です。利用することでイオンのポイント(WAONポイント)が貯まるので、イオンで買い物する機会が多かったりするのであれば、銀行口座を持っていくといいですね。