平成22年に法改正が行われるまで、グレーゾーン金利というものが存在していました。簡単に説明すると、グレーゾーン金利は利息制限法と出資法それぞれで定められた上限金利の間の金利を指します。

もう少し詳しく見ていきましょう。

法改正前は上限金利が2つあった

なぜグレーゾーン金利があったのかと言うと、異なる法律でバラバラの上限金利が定められていたからです。異なる法律というのが「利息制限法」と「出資法」の2つです。

利息制限法の上限金利は今現在と同じで15〜20%(貸付金額による)なのに対して、出資法の上限金利は29.2%と定められていました。

2つの法律の役割は以下のようになっています。

  • 利息制限法:貸付時にどれだけの利息を設定していいか定められた法律
  • 出資法:罰則が適用される利息が定められた法律

どういうことかと言うと、利息制限法の上限金利を超えたとしても、出資法の上限金利を超えない限り、罰則が適用されることはない!ということなのです。

これは明らかに不自然ですよね…

法改正前は、この不自然な状態が続いていて、実質的な上限金利は29.2%となっていました。消費者金融や信販会社などの多くは、利息制限法の上限金利を超えた利息をとっていたのです。

グレーゾーン金利は過払い金の対象に

新たにキャッシングするのであれば、グレーゾーン金利のことは気にしなくても大丈夫です。ただ、平成22年の法改正よりも前にキャッシングをしていた場合、グレーゾーン金利に当てはまる金利でお金を借りていた可能性があります。

業者によって金利は異なるのですが、消費者金融であればほとんどが、グレーゾーン金利に当てはまる金利で貸付をしていました。

もし、平成22年よりも前からキャッシングをしているのであれば、過払い金が発生していてお金が戻ってくる可能性もあるので、1度調べてみるのもいいですよ。

今現在、20%を超える貸付は絶対NG

貸付金額によって上限金利は異なりますが、今現在の上限金利は最大でも20%です。

大手消費者金融であれば、20%を超える金利で貸付をしているようなことは絶対にないですが、ヤミ金などのごく一部の業者では、利息制限法の上限金利を守っていないことがあります。当然、それは法律違反で罰則の対象となります。

言うまでもないことかもしれませんが、法律違反をしている業者からお金を借りるのはやめてくださいね!

当サイトで紹介している大手キャッシングサービスであれば、そういった心配は一切ないので、安心して申し込みをしてOKです。