配偶者貸付

無職や専業主婦の場合、一般的にはキャッシングすることができません。年収の3分の1以上の借入はできない総量規制という決まりがありますから、収入がなくては、そもそもお金を借りることができないわけです。ただ、無職や専業主婦であっても、キャッシングすることができる例外があるのです!

それが、「配偶者貸付」というものです。

配偶者貸付の仕組み

配偶者貸付を利用すると、夫婦の年収合計の3分の1まで借入ができるようになります。例えば、専業主婦で収入が0円だったとしても、夫の年収が600万円であれば、|専業主婦の妻であっても200万円まではお金を借りることができる、という仕組みです。

ただ、配偶者貸付を利用するためには、提出する書類があります。

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明する書類(住民票・戸籍抄本など)
  • 配偶者の収入証明書(50万円を超える借入の場合)

上記を見るとわかりますが、配偶者に内緒でキャッシングをすることは難しいです。「旦那に秘密でお金を借りたい」なんて場合は、配偶者貸付を利用するのは厳しいですね^^;配偶者に同意してもらうということは、配偶者の信用情報機関にも情報が掲載されることになります。

「自分はお金を借りていなくても、妻(夫)が延滞をしたら信用情報に傷がつく」という可能性もありますので、そういったことを理解してもらった上で、同意書にサインをもらう必要があります。

配偶者貸付を利用するケースは少ない

ここまでの説明を読んでもらって感じたかもしれませんが、配偶者受付のメリットはそこまで大きくありません。なぜかと言うと、お金を借りる側からしてみたら、配偶者に内緒にできるわけではないからです。それに、夫婦間で内緒にしていないのであれば、配偶者貸付を利用するくらいなら、その本人の名義で借入した方が手っ取り早いからです。

「どうしても妻名義で借りなきゃいけない事情がある」などであれば別ですが、実際のところ、配偶者貸付を利用している人はあまり多くありません。

配偶者貸付に対応してくれるキャッシングサービスが少ない

それから、配偶者貸付の利用者が少ない理由として、そもそもキャッシングサービスで対応してくれないことが挙げられます。大手キャッシングサービスでは、契約者本人に安定した収入があることを条件としています。どれだけ配偶者に収入があっても、本人に収入がなければ契約してくれないというわけです。

配偶者貸付に対応しているキャッシングサービスであっても、審査はとても通りにくいと言われています。また、多くの信販会社も同様に、配偶者貸付には対応していません。

配偶者貸付を利用するのなら銀行カードローン

実質的に、配偶者貸付を利用するのであれば、銀行のカードローンに申し込むことになるでしょう。借入限度額は小さめですが(30万円ほど)、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行のカードローンであれば、配偶者貸付に対応しています。

ただ、先ほどもお伝えしたように、配偶者貸付は相手に内緒でキャッシングできる方法ではありません。

なので、収入はないけれど、夫(妻)には知られずにお金を借りたいのであれば、自分の名義で銀行カードローンに申し込むといいでしょう。銀行カードローンでしたら、総量規制の対象外ですので、収入がなくても借入できる可能性があります。

夫(妻)に内緒にしているかどうかで、配偶者貸付を利用するかを決めていってくださいね。

→→ 専業主婦でも即日融資できる?旦那にバレないように借りるには