business_haken

キャッシングを申し込むと、まず最初に審査をすることになるのですが、審査の時に避けて通れないのが会社の在籍確認です。

消費者金融から勤務先に電話がかかってきて、申告した勤務先であなたが本当に働いているのかどうかを確認するわけですが、派遣社員の場合、そもそも勤務先の項目には何を入力するべきなのでしょうか?

申請する勤務先は派遣元と派遣先の会社のどちらを登録するの?

派遣社員の場合、派遣元の会社があって、そこから派遣される形で勤務している会社がある形になります。勤務に関係している会社が2つ存在している状態になるので、「どっちの会社で申請すればいいんだろう…」と疑問に思う人が多いのですが、派遣元の会社で申請するようにしてください。

実際に勤務している会社ではなく、登録している派遣元の会社です。

これは派遣会社の仕組みを考えてみるとイメージできますが、あなたが実際に雇用契約を結んでいるのは派遣元の会社です。

相手の消費者金融が知りたいのは、「どこの会社に雇用されているのか?」ということですので、雇用契約を結んでいる派遣元の会社を消費者金融に伝えればいいのです。

在籍確認の電話は派遣元の会社にかかってくる

派遣元の会社を消費者金融に伝えることになるので、当然、在籍確認の電話は派遣元の会社にかかってきます。そうすると次に気になるのは、「派遣元にキャッシングすることがバレるのでは?」ということですよね。

答えから言ってしまうと、派遣先にキャッシングがバレることはないです!

消費者金融は在籍があるかどうかを知りたいだけであって、何も嫌がらせをしたいわけではありません。

会社名を名乗られてはキャッシングすることがバレてしまいますから、電話をかけてくる時はキャッシングサービスの会社名ではなく、個人名を名乗ってきます。ですから、心配は無用です。

会社の人に「誰から電話?」と聞かれたら

在籍確認の時にあなたが会社にいなくても問題はありません。むしろ、派遣社員の場合、派遣元の会社にいることはあまりないですから、会社にいないのが普通ですよね。

あなたが会社にいなくても、在籍していることさえわかればOKです。もし会社にいた場合は、あなたに代わって簡単に本人確認をして終了です。

本人確認時に、名前や生年月日を伝える必要がありますから、キャッシングのことがバレるのではと心配になってしまいます。

もし、「誰からの電話?」と聞かれたら、「今クレジットカードの申請をしていて、カード会社からの在籍確認です」と言っておけば、会社の人に疑われることはありません。もしくは、「生命保険に加入をしようとしていて、それの確認の電話です」というのも良いでしょう。

キャッシングサービスの在籍確認の電話がどうしても嫌な場合

在籍確認で会社にキャッシングがバレることはまずないですが、「それでもどうしても在籍確認は嫌だ!」という場合。キャッシングサービスによっては、在籍確認を電話以外の方法(書類確認など)で行うことができます。

全てのキャッシングサービスで可能なわけではないですが、大手のキャッシングサービスでしたら融通を利かせてくれるでしょう。

社員証・給与明細書・源泉徴収票など、申請した勤務先で働いていることを証明できる書類を提出することで、電話の代わりの在籍確認として有効になります。

申し込みをして、申し込みが完了したタイミングでキャッシングサービス会社にその旨を伝えておくと安心です。

バレずにキャッシングをするのならネット申し込みがベスト

会社の人・家族・友人にバレないようにキャッシングするのなら、ネットで申し込みするべきです。ネット申し込みが1番楽だというのもありますが、外出いらずで申し込みを完了できるのはやはり大きいです!

店舗や無人契約機で申し込みをする場合、実際に足を運ぶことになるわけですから、入っていくタイミング・出てくるタイミングに誰かに見られてしまう可能性もあります。

  • 「内緒にしてキャッシングしようと思ったのに、たまたま友人に見つかってしまった」
  • 「会社の人に見られて、キャッシングしたことが会社内で広まってしまった」

なんて可能性も0ではありません。まわりにバレるリスクをなくしたいのなら、ネットで申し込みをするといいですよ。

<ネットでの申し込み方法>

ネットでの申し込みは簡単です。

当サイトでおすすめしているキャッシングサービスはこちらにまとめて申し込み~融資までの流れを記載しているので、参考にしてみてください。

>>アイフルの申し込みから融資までの流れ

>>プロミスの申し込みから融資までの流れ

>>モビットの申し込みから融資までの流れ

自分にはどのキャッシングサービスが良いの?と迷ったら、こちらの記事を参考に選んでみてください。ポイントをおさえた解説をしています。

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方