「今すぐにお金を借りたい!」それも、「店舗や無人契約機に足を運ばずにお金を借りたい!」

そう思っているのなら、この記事が参考になるはずです。

完全在宅で即日融資を受けたいという場合、どういったことに気をつけていけばいいのでしょうか。

完全在宅で即日融資を受けるために必要なもの

在宅での申し込み=ネットでの申し込みということになりますが、ネットで申し込むにあたって絶対に必要になるのが「本人確認書類と収入証明書」です。必要な物はほぼどこのキャッシングサービスも同様なので、これらは必ず用意しておいてください。

本人確認書類

基本は運転免許証

  • 「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」をご用意ください。
  • 本人確認書類と申し込みをする住所が異なる場合、以下の書類も必要
    • 公共料金の領収書(携帯電話料金は不可)
    • 社会保険の領収書
    • 国税・地方税の領収書
    • 納税証明書
  • 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。

私は運転免許証を本人確認書類として利用しましたが、パスポートでもOKです。

もしも、本人確認書類に記載されている住所と今住んでいる住所が違う場合は、公共料金の領収書・納税証明書・住民票(コピー可)などを提出する必要があります。

収入証明書

収入証明書は基本的に借入金額が50万以上の場合に必要になります。(※キャッシングサービスによって異なりますが、基本的には50万以上の場合です。)

借入額が50万円を超えるお客さま

※ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま上記に該当する場合には、次の書類の中から1点をご用意ください。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

収入証明書類が必要になることもありますが、希望する借入額や他者からの借入額がよっぽど大きくない限り(50万以上でないかぎり)は、用意する必要はないです。私は、運転免許証以外は何も用意しませんでした。

大手消費者金融のキャッシングサービスで申し込みをすること

お金を借りるとなると、

  • 消費者金融のキャッシングサービス
  • 銀行系カードローン

のどちらかになるかと思いますが、即日融資を希望するのなら銀行系カードローンはNGです。銀行系のカードローンは審査にどうしても時間がかかるので、すぐにお金を借りることはできません。

実際に申し込みしてみたところ、消費者金融と比べると、びっくりするほど時間がかかりました。

そのため、即日融資を受けるなら消費者金融を選ぶことになりますが、もう1つのポイントが大手の消費者金融のキャッシングサービスを選ぶことです。大手の消費者金融でないと、即日融資に対応していないケースが多いですし、倒産することによって問題が発生することがあります。

余計な心配をしないためにも、大手キャッシングサービスを選びましょう。

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方

振込受付時間内に申し込みを完了させること

完全在宅で即日融資を受けるのなら、振込受付時間内に申し込みを終わらせる必要があります。

振込受付時間は消費者金融によって違いはありますが、大手消費者金融のキャッシングサービスですと、大体平日14時までに審査が完了している必要があります。(キャッシングサービスによって異なります。)

振込受付時間内に申し込みを完了させることで、即日融資を受けることができます。

50万円を超える借入希望は基本NG

先ほど、「希望する借入額が大きいと収入証明が必要になることがあります」とお伝えしましたが、収入証明が必要になるのは50万円を超える場合になります。収入証明が必要になると、用意する手間もかかりますし、その日のうちに融資を受けることが難しくなってしまいます。

なので、申し込み時に50万円を超える借入希望額を入力するのはNGです。

20〜30万円くらいの希望額にしておくのが、最も審査に通りやすいと言われています。

審査に通らなかったら元も子もないですから、「もしもの時に備えて大きめの金額を希望しよう!」と欲を出すのはやめておいて、20〜30万円くらいにしておくことをおすすめします。

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方