「おまとめローン」や「借金一本化」と言うとイメージがしやすいかもしれないですね!いくつもの業者からキャッシングをしていると、借り換え(一本化)をした方がメリットが大きい場合がほとんどです。

もしあなたが2社以上の業者からキャッシングをしているのなら、この記事をぜひチェックしておいてください。

借金借り換えとは

最初に、言葉の意味を解説していきますね。

借金借り換えとは、他の業者からまとまったお金をキャッシングして、そのお金で現在借入をしている業者に返済をしてしまうというものです。

例えば、A社から50万、B社から30万円キャッシングをしていたとします。そこで新たにC社から80万円をキャッシングして、A社とB社に返済(完済)する。これが借り換えです。

「おまとめローン」という言葉があるように、借り換えというのは1つの金融商品として存在しています。どういうことかと言うと、通常のキャッシング・カードローンとは別に、借り換え専用のサービス(商品)があるということです。

借金借り換え2つのメリット

「A社の50万円とB社の30万円を完済しても、C社に80万円の借金があったら変わらないでしょ」

もしかすると、そう思ったかもしれませんが、借り換えには大きなメリットがあるのです!

金利を下げることができる

最大のメリットは、金利(利息)を下げられることです。消費者金融などからキャッシングをすると、借入金額にはよりますが、18%くらいの金利がついている場合が多いです。

これを借り換えすることによって、15%とか、それ以下の金利にすることができるのです!

「たった3%」と感じるかもしれないですが、50万円・100万円と借金をしていると、支払う利息にはかなりの差が生まれます。

管理が楽になる

管理の負担が減ることも、借り換えをするメリットです。3社とかからキャッシングをしていると、管理が大変なんですよね…返済日や返済金額はバラバラだし、どこの業者からいくら借りたか把握するのも難しくなってきます。

「気付いたら返済日を過ぎていた!」なんて可能性だってあります。

借り換えをして1つの業者にまとめてしまうことで、返済先が1つだけになりますので、管理がとても楽になります。

「25日に2万円返済」というように、1つだけ把握しておけばいいですからね。

借金借り換えの2つの注意点

意識している人は少ないですが、借り換えをするとデメリットもあるのです。

デメリットというよりは注意点になりますが、借り換えを検討しているのなら、事前に知っておくようにしましょう。

返済額が大きくなる

借り換えをすることによって、完済までに支払う金額が大きくなるケースがあります。金利は下がったのに、合計の返済額は高くなるのです。借り換えをしたことによって、返済回数が増えるパターンがあります。

今までは30回の返済で完済だったのに、50回の返済で完済になるパターンなどです。

返済回数が増えれば、月々の返済金額は小さくなりますから、負担を減らせることにはなりますが、利息は多くかかってくることになります。

借り換えをする前に、合計の返済額がどれくらいになるのか、必ずシミュレーションするようにしましょう!

追加でキャッシングができない

一般的に、借り換えは借金返済を目的とした商品となっています。そのため、借り換えをした後に新たにキャッシングをすることはできないケースがほとんどです。

早く完済したい人にとっては問題ないですが、「急にお金が必要になった時にキャッシング」ということはできなくなるので、その点は注意が必要です。