みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンは、低金利(最大14.0%)ので、利用者が非常に多いです。※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

ただ、お金を借りるのはデリケートな問題ですから、いくら利用するメリットが大きいカードローンだからと言って、周りにばれてしまうリスクを考えてしまいますよね。

「みずほ銀行カードローンを利用しようと思っているけど、家族や会社にばれるのが怖い…」

そう思っているのなら、ぜひこの記事を読み進めてみてください。

みずほ銀行カードローンを使って家族や会社にばれる可能性は?

「みずほ銀行カードローンを利用すると家族や会社にばれるのか?」

ここが1番知りたい部分だと思いますが、答えを言ってしまうと「ばれる可能性は低い」です。

後ほど詳しくお伝えしますが、2つの注意点さえ守れば、みずほ銀行カードローンを利用していることが家族や会社に見つかってしまうようなことは、ほとんどないと言えるでしょう。

カードローンがばれてしまうケースの大半は、以下の3つです。

  1. ローンカード(お金を借りる際に利用するカード)が見つかる
  2. 会社に在籍確認の電話がかかってくる
  3. 自宅に本人確認の電話がかかってくる

反対に言えば、これら3つに当てはまらない限り、カードローンの利用がばれることは滅多にないのです。

では、なぜみずほ銀行カードローンは家族や会社にばれにくいのか?

詳しく見ていきましょう。

家族や会社にバレにくいと言われる3つの理由

ここまで繰り返し「みずほ銀行カードローンは家族や会社にばれにくい」と言っているわけですが、その理由は3つあります。

順に説明していきますね。

理由1 ローンカードがキャッシュカード兼用のため

カードローンがばれてしまうケースの1つ目に「ローンカード(お金を借りる際に利用するカード)が見つかる」を挙げましたが、このケースに当てはまることはほとんどないと言っていいでしょう。

みずほ銀行カードローンの場合、キャッシュカード(預貯金の入金や出金に使うカード)とローンカード(お金を借りる用のカード)の一体型になっていますから、誰が見ても「こいつお金借りてるな」とは思いません。

見た目はみずほ銀行のキャッシュカードで、それで借入ができるわけですから、どう考えたってばれる可能性は低いですよね。

消費者金融でキャッシングする場合などは、「消費者金融のカード=お金を借りるためのカード」と知っている人が多いですから、カードは見つからないように気をつけた方がいいですが、みずほ銀行カードローンはその点の心配がいらないです。

理由2 在籍確認時にかかってくる電話の相手が銀行名

会社に在籍確認の電話がかかってきたことがきっかけで、カードローンの利用がばれてしまうケースも珍しくないのですが、みずほ銀行カードローンの場合、在籍確認でばれる可能性は非常に低いと言えます。

なぜかと言うと、『みずほ銀行』という銀行名で在籍確認の電話がかかってくるからです。

「みずほ銀行担当の○○と申しますが、●●さんいらっしゃいますか?」

このような電話がかかってきて、「●●はお金を借りようとしている」と思う人はまずいないはずです。

仮に会社の人に「今の電話なんだったの?」と聞かれても、「クレジット機能付きのキャッシュカードの申し込みをしたので、その確認みたいです」のように答えておけば、疑われる心配はないでしょう。

『みずほ銀行』というメガバンクのネームバリューがありますから、在籍確認も安心ですね。

理由3 自宅に本人確認の電話がかかってくるケースは少ない

カードローンがばれてしまう3つ目のケース「自宅に本人確認の電話がかかってくる」ですが、この心配をする必要はないです。

みずほ銀行に限った話ではありませんが、そもそも、最近は本人確認の電話が自宅にかかってくること自体がありません。

携帯電話を持っていない場合は別ですが、申し込み時に携帯電話の番号を入力しておけば、本人確認の電話はその携帯にかかってきます。

本人確認の電話は「自宅に住んでいるか」を確認するのではなくて、「間違いなく本人が申し込んでいるのか」を確認するものなので、携帯電話への本人確認でも全く問題ないのです。

可能性は非常に低いですが、もし仮に自宅に電話がかかってきたとしても、『みずほ銀行』と名乗ってきますから、どちらにしてもカードローンの利用がばれるようなことはないですね。

みずほ銀行カードローンの利用をバレないようにし続けるために

以上の3つの理由から、みずほ銀行カードローンが家族や会社にばれる可能性は低いことがわかったかと思いますが、2つほど注意点があります。

その注意点とは、

  1. 返済を長引かせない
  2. 期限内にしっかりと返し続けていくこと

上記の2つです。

返済を長引かせてしまうと、お金を借りている状態が長く続くことになりますから、単純にばれる可能性は高くなります。

返済の目処が立ったらまとめて返済するなどして、できるだけ長引かせない方が安全だと言えますね。

それ以上に注意していただきたいのが、「期限内にしっかりと返し続けていく」ということです。

返済日を過ぎても入金がなかったりすると、確認の電話がかかってくるケースがあります。

最初は携帯電話にかかってくる場合がほとんどですが、それでも延滞が続いていると、自宅や会社に電話がかかってきたり、書類が送られてきたりすることもあります。

そうすると、ばれるリスクは高くなってしまいますよね。

この2つの注意点は必ず守っていただきたいのですが、全然難しいことではないです。

「期限内に返済をして、なるべく長引かせない」これだけの話です。

家族や会社にばれないで借りれる?の結論

まとめですが、2つの注意点さえ守れば、みずほ銀行カードローンは家族や会社にばれずに利用することができます。

むしろ、家族・会社に内緒でお金を借りたいのなら、みずほ銀行カードローンはおすすめできるカードローンだと言えるでしょう。

  1. ローンカード(お金を借りる際に利用するカード)が見つかる
  2. 会社に在籍確認の電話がかかってくる
  3. 自宅に本人確認の電話がかかってくる

よっぽどのことがない限り、この3つのケースに当てはまってばれることはないですから、心配しなくて大丈夫ですよ。

冒頭でもお伝えしたように、

  • 最大でも年利14.0%の低金利※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

このようなメリットがありますから、お金を借りることを考えているのなら、積極的に利用するべきカードローンだと言えますね。