モビット 追加融資

  • モビットで追加借入したい!
  • 追加で借入するには手続きが必要なの?
  • 追加借入は土日祝日でも可能なの?

このような悩みや疑問にお答えしていきます。

モビットで追加借入したい場合、新たに手続きが必要になるケースと、そのまま借入できるケースがあります。

その違いは、利用限度額に達しているかどうかです。

利用限度額に達しているかどうかで借入までの流れがどのように変わってくるのか、それぞれ見ていきましょう。

利用限度額に達していなければすぐに借入可能

「利用限度額は50万円で、現在は30万円借入している」というように、まだ利用限度額に達していない場合は、範囲内であればATMや銀行振込を利用して、すぐに追加で借入することができます。

上記の例(利用限度額50万円・借入額30万円)ですと、あと20万円は自由に利用することができるというわけです。

  • 一気に20万円を追加で借入する
  • 10万円を2回に分けて借入する
  • 5万円を4回に分けて借入する

どのような形でもOKです。

借入回数に制限があるわけではないので、利用限度額の範囲内であれば好きなタイミングで何度でもキャッシング可能です。

利用限度額は年齢・年収・職業・家族構成・他社借入状況などによって決まってくるので、人によってバラバラですが、ほとんどの人は50万円以下に定められています。

利用限度額に達しているのなら増枠手続きが必要

「利用限度額は50万円で、すでに50万円借入している」というように、すでに利用限度額いっぱいの借入がある場合は、すぐに追加で借入することができません。

その場合、まずは増枠(利用限度額を増やす)手続きをする必要があります。

ただ、「増枠手続きをすれば必ず利用限度額が増える」というわけではなく、新規申し込みの時と同じように、審査に通過しなければいけません。

審査基準は公表されていませんが、見られているのは、

  • 利用期間(半年以上の借入・返済があるか)
  • 返済延滞(過去に延滞したことはないか)
  • 他社借入状況(他社キャッシングサービスから多額の借入をしていないか)
  • 総量規制(年収の3分の1を超えないか)

などです。

あとは新規申し込み時と同じように、年齢・年収・家族構成なども考慮されます。

増枠手続きをする方法

増枠手続きをする方法は2つあります。

  1. 会員ページ(Myモビ)から手続きする
  2. 電話にて手続きする

電話だと手続き可能なのは9:00〜21:00ですが、会員ページからの手続きであれば24時間可能です。

また、モビットからメールや郵送物で増枠の案内が届くケースもあります。

その場合は、記載されている内容に沿って手続きを進めていけばOKです。

増枠の手続きをしてから審査結果が届くまでにはバラつきがありますが、1〜2日で審査結果が届くことが多いです。

土日祝日でも追加借入は可能なのか?

土日祝日にお金が必要になることもあるかもしれませんが、モビットでは土日祝日でも追加借入ができるので安心です。

先ほど解説したことの繰り返しにはなりますが、

まだ限度額に達していない:すぐにATMで借入できる(土日祝日は銀行振込NG)
すでに限度額に達している:増枠の手続きをする→ATMで借入する

上記のようになります。

土日祝日は銀行が営業していないので、銀行振込ができない点だけ注意してくださいね。

審査時間は9:00〜21:00となっています。

土日祝日に急ぎで追加借入したい場合

急にまとまったお金を用意しなければいけなくなって、何としてでもその日のうちに追加借入したいこともあるでしょう。

まだ利用限度額に達していなければ問題ないですが、すでに利用限度額いっぱいに借入をしている場合、まずは手続きをしていくことになります。

ですが、土日祝日は平日と比べると、審査回答まで時間がかかってしまうことが多いです。

日曜日にお金が必要だったのに週明けに審査結果が届いた、、なんてケースも珍しくありません。

急ぎで借入している場合は、モビットで増枠の手続きをするのではなく、他社キャッシングサービスに新規申し込みをした方が審査通過→借入までスムーズなことが多いです。

土日祝日に急ぎで借入したいのなら、即日融資が可能な大手キャッシングサービスを利用するのがおすすめですね。

モビットで追加で借入したい。土日祝日も可能?のまとめ

モビットの追加借入についてまとめます。

  • 利用限度額に達していなければすぐに借入可能
  • 利用限度額に達しているのなら増枠手続きが必要
    ※審査に通過する必要あり
  • 増枠審査時のチェックポイント→利用期間・返済延滞・他社借入状況・総量規制
  • 土日祝日でも追加借入は可能
    ※銀行振込での借入はできないので注意

すでに利用限度額に達しているか・達していないかが最大のポイントですね。

利用限度額に達していて、急ぎで借入をしたいのであれば、即日融資可能な他社キャッシングサービスの利用も検討してみてくださいね。