noloan

  • ノーローンの借入限度額を増枠したい!
  • でも審査通過するための基準って厳しいの?
  • その際に、また在籍確認はある?電話連絡?書類は可能?

この記事では、このような悩みを解決する情報をお届けします。

ノーローンで限度額をアップさせたいなら、増枠審査の通過基準や手続き方法を知っておく必要があります。

何の知識もなしに手続きを進めて、審査に落ちて増枠できなかったらもったいないですからね。

もしノーローンで今よりも利用限度額を増やしたいと考えているのなら、しっかりと以下の記事に目を通しておいてくださいね。

ノーローンで増枠審査に通過するための基準

以下の基準を満たしていない場合、ノーローンで増枠の手続きをするのはおすすめしません。

なぜかと言うと、増枠審査に落ちてしまうと、以後しばらく増枠ができなくなってしまったり、最悪の場合、ノーローンを利用すること自体ができなくなってしまうからです。

最低でもノーローンで半年以上の利用があること

基本的な考えとして、信用のない人に対して増枠はしてくれません。

消費者金融における信用とは、「収入があるかないか」ではなく、「借入をして毎月しっかりと返済してくれるか」です。

今まで全然ノーローンを利用していないのに、いきなり「増枠したい」と申し出ても相手にしてくれません。

最低でも半年間はノーローンを利用していないと、増枠審査に通過することは難しいと言えるでしょう。

参考>> 消費者金融で利用限度額を増やすために必要な返済実績とは?

信用情報にキズがついていないこと

信用情報とは、その人の金融に関する情報がまとめられているデータベースのようなもので、お金を借りた情報も信用情報に載っています。

例えば、今までに借りたお金を長期間延滞していたりすると、信用情報に事故情報として掲載されます。

そうすると、増枠することは非常に難しいと考えていいでしょう。

また、信用情報にキズがついていなかったとしても、今までノーローンへの返済を数日でも延滞したことがあったりすると、増枠審査に影響してきます。

「借りたお金を毎月しっかりと返済できる」ということを、ノーローンに実績として見せておく必要があるのです。

参考>> 返済が遅延してブラックリストに載るとどうなる?

増枠後に年収の3分の1を超えないこと

増枠後の希望額が年収の3分の1を超えていると、まず審査に通過することはできません。

例えばですが、現在の年収が240万円だとしたら、80万円を超える希望額を出してしまうと、例外なく落ちてしまうのです。

なぜかと言うと「総量規制」といって、年収の3分の1を超える金額を貸すことは法律で禁止されているからです。

仮に消費者金融が年収の3分の1以上の貸付をしてしまうと、法律違反となるので、会社の存続に関わってきます。

こればかりは法律上の決まりなので、総量規制に引っかかるようでしたら、増枠することは諦めるようにしましょう。

転勤後・引越し後の届け出を済ませていること

もし、契約時と現在とで職場や住まいが変わっている場合は、予め変更の届け出をしておかないと審査に影響してくる可能性があります。

増枠審査に申し込んでから転勤や引越しの事実がわかると、ちゃんと申請していないということで、ノーローンからの信用を失うことに繋がってしまいます。

転勤や引越しをしたのにも関わらず、個人情報を変更していない場合は、増枠審査手続きをする前に変更しておいてください。

ノーローンの増枠審査手続き方法

ノーローンで増枠審査を受けたい場合、手続きの方法は2つあります。

  • 会員ページより「ご利用限度額の増額依頼」を行う
  • 電話で増額依頼を行う

どちらでも増枠審査を受けることが可能ですが、会員ページから増額依頼をした方がスムーズに審査結果を得ることができます。

審査結果を得るまでの期間は?

増枠審査手続きの流れとしては、

  1. 増額依頼を行う(会員ページor電話)
  2. ノーローンが審査を行う
  3. 審査結果を得る
  4. 増枠後の限度額まで借入できる

このようになっています。

増額依頼を行ってから、実際に増枠されて借入できるまでは2〜3日かかると言われています。

その人の借入状況や必要な提出書類(収入証明書など)によって、審査通過までの期間は変わってきますが、3日くらいを目安にしておくといいですね。

ノーローンの増枠は難易度が高い

以上がノーローンで増枠審査手続きに通過するための基準や手続き方法となりますが、ノーローンでの増枠はハードルが高いと言われています。

理由としては、

  • 会社の資金に余裕がない
  • 知名度が低い

ということが挙げられます。

大手キャッシングサービスを利用しないリスク

当サイトではよくお伝えしているのですが、大手のキャッシングサービスを使わないことってけっこうリスクが高いです。

資金に余裕がなければ、貸し渋りをすることがありますから、他社ではキャッシングできる状況でも、お金を借りられないなんてことが起こってきます。

また、知名度が低い会社は、どうしても大手と比べると倒産する可能性が高くなってしまいます。

会社が倒産すると、債権(お金を請求する権利)が譲渡されて、他の会社から電話がかかってきたり、郵送物が届いたりするため、会社や家族にバレるリスクが高くなってしまいます。

当然、倒産したからと言ってお金を返さなくてよくなるわけではありません。

そのため、ノーローンで増枠審査手続きをするのであれば、他社から新規申し込みをした方が借入できる可能性は高いですし、将来的にも安心だと言えるでしょう。