プロミス 書類

  • プロミスの審査に必要な書類を知りたい!
  • どのような書類を用意しておけばいいの?
  • プロミスで保証人・連帯保証人は必要なの?

この記事では、上記の悩みや疑問を解決していきます。

プロミスでキャッシングを利用するには、審査に通過しなければいけないわけですが、その際に必要書類を提出することになります。

審査の際に必要な書類を把握しておけば、あらかじめ準備しておくことができますから、申し込み→借入までが非常にスムーズになりますよね。

それから、「家族には秘密にして借入したい」「周りには迷惑をかけたくない」という場合、連帯保証人をお願いするのは避けたいと思うのが自然です。

プロミスを利用するにあたって、保証人・連帯保証人が必要かどうかについても、詳しく解説していきます。

消費者金融が審査の際にチェックするポイント

まず、プロミスに限った話ではありませんが、消費者金融がお金を貸すかどうかの審査をする際に、必ずチェックするポイントを見ていきましょう。

  1. 本人の申し込みかどうか
    (本人確認書類を提出する)
  2. 他社からの借入状況・過去の取引状況
    (信用情報を確認する)
  3. 返済できるだけの収入があるか
    (勤務先に在籍確認を行う、収入証明書類を提出する)

家族構成・住まいなど、チェックする細かい部分は他にもありますが、特に念入りにチェックされるのが上記の3つです。

本人と偽って申し込みをしていたり、他社からの借入が多くて総量規制にひっかかっていたり、返済できるだけの収入がないと判断された場合は、審査に通過することができなくなってしまいます。

プロミス審査の際に必要な書類は2つ

プロミスで審査をする際に必要な書類は以下の2つです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

この2つの書類は、先ほど説明した「1、本人の申し込みかどうか」と「3、返済できるだけの収入があるか」をチェックするために提出を求められるのです。

それぞれ、もう少し詳しくお伝えしていきます。

本人確認書類

審査に通過して借入するためには、本人確認書類を提出することが必須となるわけですが、本人確認書類として認められるのは以下3つのどれかです。

  • 運転免許証
  • パスポート

外国籍の人は、上記3つのいずれかに加えて、在留カードか特別永住者証明書も提出する必要があります。※法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む

また、本人確認書類として提出する住所と、現在住んでいる住所が違う場合は、以下の書類のいずれかも提出することになります。

  • 国税・地方税の領収書、または納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(ガス料金、電気料金、水道料金など)
  • 住民票

Web契約・ネット申し込みであれば、本人確認書類をスマホなどで写真を撮って、プロミスの公式アプリ(無料)から送信すれば完了するので、非常に簡単です。

収入証明書類

収入証明書類は本人確認書類と違って、申し込みをする全ての人が提出しなければいけないわけではありません。

「借入限度額が50万円を超える」「他社からの借入合計が100万円を超える」

このどちらかに当てはまった場合のみ、収入証明書類を提出する必要があります。

収入証明書類として有効なのは、以下の3つです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

源泉徴収票と確定申告書は最新のもの、給与明細書は直近2ヶ月のものを提出することになります。

また、ボーナスを受け取っている場合は、賞与明細書も提出が必要です。

保証人・連帯保証人は必要なのか?

お金を借りることってデリケートな問題ですから、周りに知られたくない人がほとんどです。

保証人が必要となると、家族などの身近な人にお願いする必要がありますから、かなり抵抗がありますよね。

ですが、プロミスでお金を借りるにあたって、保証人・連帯保証人は必要ないので安心してください。

プロミスの公式サイトにも「担保や保証人は必要ありません」とはっきりと書かれています。

プロミスで保証人が不要な理由

そもそも、なぜ保証人という制度があるのかと言うと、もしも借入した本人がお金を返せなくなった場合に、回収できなくなるのを防ぐためです。

ここまで解説してきたように、プロミスでは審査の際に「返済できるだけの収入があるか」をしっかりとチェックしています。

つまり「本人の返済能力があれば、保証人は用意しなくて大丈夫です」というスタンスなのです。

反対に、どれだけ保証人の収入があって、社会的な地位が高かったとしても、無職など本人に返済能力がなければ、お金を貸してくれることはありません。

ヤミ金のように違法で貸付をしている業者は「とにかく貸し付けて回収する」というスタンスなので、保証人を必要としていることがありますが、プロミスを含めた大手消費者金融では、基本的に保証人は不要です。

プロミス 審査の必要書類は?保証人・連帯保証人は必要?のまとめ

この記事の内容をまとめると、

  • プロミスの審査に必要なのは本人確認書類と収入証明書類
  • 収入証明書類は提出不要なケースも多い
    (借入限度額が50万円以下、他社からの借入合計が100万円以下)
  • プロミスの借入時に保証人・連帯保証人は不要

「必要書類を用意する」と言われるとけっこう大変なイメージがありますが、プロミスの場合はそこまで手間がかからないかと思います。

収入証明書類が必要なくて、運転免許証だけを用意すればOKみたいなケースも多いですから、そうすれば実質的に用意はしなくても大丈夫ですよね。

スマホからWeb契約をしてしまえば、書類を写真で撮って送るだけですから、かなり簡単です。

また、保証人・連帯保証人はいらないので、周りに知られるような心配をする必要もないですよね。

当記事の内容を頭に入れていただいて、安心してプロミスを利用してください。