プロミス金利

  • プロミスの金利を下げたい!
  • 金利を下げて負担を減らしたい!
  • 金利を下げる方法なんてあるの?

このような疑問を解決するための記事をお届けします。

「プロミスでキャッシングをして、定められた金利を支払っていく」

契約時に決まっていることですから、定められた金利を支払うのはごく自然なことです。

借入する前に「金利は○○%」と言われているわけですから、それに対して文句を言う筋合いはないですが、「もっと金利が低かったら楽なのに…」そう思うことはありますよね。

意外だと思うかもしれませんが、プロミスと上手く交渉することによって、現在よりも金利を下がるケースがあるのです。

プロミスの金利水準について

そもそも、プロミスの金利水準は高いのか・低いのか、他のキャッシングサービスと比べてみましょう。

消費者金融系カードローン 金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
銀行系カードローン 金利
レイク 4.5%〜18.0%

見てわかるように、多少の違いはあるものの、どのキャッシングサービスも金利は大して変わりません。

新たに契約した場合、100万円未満の借入だと、基本的に上記表の1番高い金利(17.8%〜18.0%)が適用されます。

他の消費者金融系カードローンや銀行系カードローンが18.0%の中、プロミスだけ17.8%なので若干金利が低いですが、そうは言っても0.2%です。

金利の引き下げが可能なのであれば、当然引き下げたいですよね。

金利を引き下げてもらうには優良顧客であることが重要

プロミス側からしてみたら、金利は会社の利益になるわけですから、できることなら高い金利を払ってもらった方が都合がいいわけです。

そのため、「どんな人の金利も引き下げてくれるか?」と言うと、全くそのようなことはありません。

金利を引き下げてもらうには、プロミスに「優良顧客だから今後も取引を続けたい」と判断してもらうことが大事です。

優良顧客だと思ってもらうために最も必要なのは、借入をして毎月しっかりと返済をしている実績です。

返済実績を作れば、プロミスからの信用を得ることができます。

金利引き下げ交渉をするなら増額提案のタイミング

こちらからプロミスに電話をして、金利引き下げ交渉をするのも1つですが、それで実際に金利が下がる可能性はけっこう低いです。

金利引き下げ交渉をするタイミングとしてベストなのは、プロミスから増額の提案をしてきたタイミングです。

「プロミスから増額提案がある=優良顧客だと判断されている」ので、交渉するにはもってこいなのです。

どのように金利引き下げ交渉を行うか?

上手く金利引き下げ交渉するにはポイントがあります。

ただ単に「月々の負担を減らしたいので金利を下げることはできないでしょうか?」と言っても、受け入れてもらえる可能性は低いでしょう。

プロミスに「この人の金利を下げた方が会社にとってプラスになる」と思ってもらう必要があるので、例えば、

  • 「他の消費者金融でも借入していて、そっちの方が金利が低い」
  • 「1番金利が安くなるところでおまとめすることを考えている」
  • 「増額してもらったら、プロミスに一本化しようと思っている」

このようなことをプロミスに伝えていくことが大事です。

増額提案がきた時に、こちらが何も言わずに金利が下がることはほとんどないので、交渉することは必須です。

「金利の引き下げが難しいようでしたら、増額しなくて結構です」と強めに伝えてもいいですね。

返済延滞には十分に注意すること

金利を下げたいのなら、返済延滞は絶対にしないように気をつけてください。

1度でも返済延滞をしていると、プロミスに優良顧客とは思われていないですから、金利引き下げ交渉に応じてくれるようなことは、ほぼありません。

当然、プロミスから増額の提案がくるようなこともありません。

プロミスへの返済延滞だけでなく、他社で返済延滞をしている場合も、交渉に影響してくる可能性が高いので、十分に注意するようにしましょう。

プロミスで金利を下げる方法とは?金利の引き下げと変更のまとめ

この記事の内容をまとめます。

  • 金利を引き下げてもらうにはプロミスに優良顧客と判断されていること
  • 優良顧客と判断されるには返済延滞をしていないことが重要
  • 金利引き下げ交渉をするなら増額提案のタイミングがベスト
  • 他社の返済延滞も交渉に影響してくるため注意

今よりも金利を引き下げたいと考えているのなら、これらのポイントを把握して、適切なタイミングで交渉をしましょう。