プロミス Web完結

  • プロミスでWeb完結での借入をしたい!
  • わざわざ自動契約機まで行かずに申し込みしたい!
  • 郵送物なしで契約完了させるには?
  • Web完結で借入する条件は?

これらの悩みや疑問にお答えする記事をお届けします。

店舗や自動契約機まで足を運ばずに、インターネットだけで申し込み→キャッシングできたら楽ですよね。

楽ですし、店舗や自動契約機に入ったところを誰かに見られて、家族・友人・同僚などにバレるような心配もなくなります。

非常にメリットが大きいプロミスのWeb完結での借入ですが、実現させるには3つの条件がありますので、詳しく解説していきますね。

プロミスのWeb完結とは?

消費者金融でキャッシングをする場合、自動契約機まで行って申し込みをする人は多いですが、それってけっこう面倒ですよね。

面倒ですし、「自動契約機に入るところを友達に見られてしまった…」のような話は、意外とよく聞きます。

冒頭でもお伝えしたように、プロミスでWeb完結で借入をすると「手間がかからない」「誰かにバレない」という大きなメリットがあります。

Web完結だと、以下のようなことも可能になります。

自宅に郵送物が届かない

Web申し込みの際に、返済方法を口フリ(口座振替)にすることで、自宅に郵送物は一切届きません。

家族に内緒でキャッシングしようと考えていたのに、自宅に郵送物が届いてバレてしまうケースは少なくないですから、安心ですよね。

ちなみに、口座振替ですが、

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行

上記の代表的な銀行をはじめとして、地方銀行なども含めた多くの銀行で利用可能です。

カードを使わずに借入・返済ができる

郵送物が届くことの他に、周りにキャッシングがバレてしまう多いケースとして「消費者金融のカードを持っていることを知られる」ということがあります。

ふと奥さんに財布を見られた時にバレてしまった、、なんてことも十分に考えられますよね。

プロミスでは、カードを使わずにWeb上で借入と返済をすることが可能です。

Webの会員ページから操作して、指定口座に振り込んでもらったり、口座振替で返済することで、カードを発行する必要がなくなります。

そうすれば家族・友人・同僚などにバレる可能性はほぼないですし、何より手間がかからなくて楽ですよね。

Web完結で借入する3つの条件

Web完結で借入するには、以下3つの条件を満たしている必要があるので、チェックしていきましょう。

1、返済方法を口フリ(口座振替)にすること

先ほども書きましたが、Web完結で借入するには返済方法を口座振替にする必要があります。

口座振替以外の返済方法を選択すると、自宅に郵送物が届くことになります。

口座振替は様々な金融機関で利用できますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行だと融通が利きやすく、便利です。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行 その他金融機関
引き落とし日 5日・15日・25日・末日から選択 5日
引き落とし後の借入残高への反映 当日 3営業日後

手数料は、どの銀行であっても0円です。

2、口座振替に利用する金融機関の本人確認が完了していること

1つ目の「返済方法を口フリ(口座振替)にすること」に関連してくることですが、口座振替に利用する金融機関の本人確認が完了していることが、Web完結で借入する2つ目の条件です。

本人確認が完了していない場合、契約書類を郵送する必要があります。

ただ、普段から使っている銀行口座であれば、本人確認が完了していないケースは滅多にないので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

3、「カードなし」を選択すること

Web申し込み時に「カードなし」を選択しておかないと、プロミスからカードが郵送で届くことになります。

一応カードも持っておきたいのならいいですが、家族に秘密にしているのなら、「カードなし」を選択するのを忘れないようにしましょう。

Web完結で借入した後でもカードを発行するのは可能ですので、後からカードが必要になっても安心ですね。

プロミスでWeb完結で借入する3つの条件とは?のまとめ

この記事の内容をまとめていきます。

プロミスでWeb完結で借入すると、

  1. 自動契約機まで足を運ぶなどの手間がなくなる
  2. 家族・友人・同僚などにバレる心配がなくなる

主に上記2つのメリットがあります。

また、Web完結で借入するためには、

  1. 返済方法を口フリ(口座振替)にすること
  2. 口座振替に利用する金融機関の本人確認が完了していること
  3. 「カードなし」を選択すること

上記3つの条件を満たしている必要があります。

ここまで読んでわかるように、条件と言っても全然難しいことはないので、気軽にWeb完結での借入ができると言えるでしょう。

3つの条件を把握した上で、ぜひWeb完結で借入してみてくださいね。