リボ払いは月々の支払い金額を一定にできるので、負担を減らすことができて非常に便利ではあります。

ですが、一歩使い方を間違えると、返済しても返済しても残高が減っていかない、、なんてことも起きてしまうのです。

たしかに支払いは楽になるけれど…

リボ払いの最大のメリットは、「月々の負担を減らすことができる」ということです。出費がかさんでキャッシングやショッピングを利用した時に、翌月に請求がくることになりますが、これを一括で払おうと思うときつい場合があるでしょう。

そんな時にリボ払いを利用すれば、一定額だけを返済すればよくなりますから、だいぶ楽ですよね!

ただ、忘れてはいけないのが、リボ払いには利息(金利)がかかってくるということ。

ショッピング利用の場合、15%くらいの金利が設定されていますが、この金利がけっこう軽視できません。

例えば、50万円利用していた場合、年間利息は「50万円×15%=75,000円」となります。15%というのは年利ですから、これを月々の支払いに当てはめると、「75,000÷12=6,250円」となります。

これはあくまでも単純計算ですが、月々の支払いに6,250円が含まれることになります。

けっこう大きな金額ですよね…

利息に利息がかかってくる

加えて、リボ払いが怖いと言われている理由として、複利であることが挙げられます。

簡単に用語の解説をすると、

  • 単利:元本だけに利息がかかる
  • 複利:元本+利息に利息がかかる

利息というのは、返済が残っている状態であればかかってくるわけですが、それは元本に対してだけではなく、元本+それまでにかかってきた利息に対してかかってくるのです。

返済が長引けば長引くほど、利息が膨らんでくるイメージができるはずです。

先ほど、50万円の場合は年間で75,000円の利息がかかると説明しましたが、これは単利の場合で、実際は複利であるためにこれ以上かかってくるのです!

リボが残っている状態でさらに利用してしまう

月々の返済金額が一定になるという便利さがあるだけに、「利用している」という感覚になりづらかったりします。そうすると、リボの残高がある状態でも、そのまま利用を続けていって、どんどんと残高が膨らんでいくといった事態になりかねません。

事実、リボ払いに苦しんでいる人の多くは、「いつの間にか残高が100万円になってしまった!」というようなケースが多いのです。

そうすると、返済金額の大半が利息にあてられる形になってしまって、元金が全然減っていかない!なんてことにもなってしまいます。

「3万円返済しているのに、利息に25,000円あてられて、元金は5,000円だけ…」ということだってあるのです。

それじゃ減っていかないですよね…

リボ払いに苦しめられないためには?

利息だけの返済で精いっぱい、なんてことにならないためにも、計画的に利用することを心がけてください。急な出費が重なってしまった時など、どうしてもお金が必要な時にはリボ払いはとても便利なものになりますから、利用すること自体は問題ありません。

ですが、お金に余裕がある時には、できるだけまとめて返済することが大切です。

多くの業者は、リボ利用分の繰り上げ返済に対応しています。いつもよりも多くの返済ができそうな時には、繰り上げ返済を利用して、一気に残高を減らしてしまいましょう!

たしかに、仕組みを知らずに使っていると、リボ払いに苦しめられてしまいますが、上手く利用をしていけば、大変便利なものであることは事実です。

利用残高をしっかりと把握して、繰り上げ返済を使っていくことで、リボ払いに苦しめられることはなくなりますよ。