リボ払いでクレジットカードを利用している人は意外と多いですが、仕組みも知らずに使っている人が多いのが実際のところです。ショッピングでも、キャッシングでもリボ払いは多く採用されています。

今回は、リボ払いはどのような仕組みなのかを解説していきます。

リボ払い:残高に応じて毎月の返済金額が設定される

リボ払いの大きな特徴として「毎月の返済金額が一定」ということが挙げられます。一括払いでクレジットカードを利用していると、締め日が決まっていて、締め日までに使った分の料金をまとめて支払うのが通常です。

それに対してリボ払いだと、利用残高に応じて返済金額が設定されて、それに沿って毎月返済していく形になります。

例えば、10万円のバッグを購入した場合。一括払いであれば、10万円が1度に請求がきて、支払日に10万円を支払うことになります。リボ払いであれば、「1万円」というように返済金額が設定されて、支払日ごとに1万円を支払うことになります。

返済金額は残高に応じて決まるので、もっと多く利用をすれば、2万円、3万円と増えていきますし、残高が減っていけば、5000円、3000円…と返済金額も減っていきます。

利用枠の中なら自由に利用できる

カードには、「ショッピング枠」や「キャッシング枠」が設定されています。

例えば、持っているクレジットカードのショッピング枠が50万円なのであれば、50万円の範囲内であれば自由に買い物をすることができます。

仮に、1ヶ月の間に50万円分の買い物をした場合でも、リボ払いであれば、月に1、2万円程度の返済をしていけばいいわけですから、そこまで大きな負担にはなりません。

家電などの大きな買い物をする場合や、海外旅行などで大きな出費をする際には、非常に便利だと言えますよね。

もちろん、翌月に一括で支払うことができるのなら一括払いにすればOKですが、どうしても一括での返済が苦しい時には、リボ払いに助けられることがあるでしょう。

リボ払いは手数料がかかってくる

一括払いでクレジットカードを利用していれば、使った分だけを支払うことになるので、手数料はかかりません。

一方でリボ払いにすると、利息という形で手数料がかかってきます。手数料はカード会社によって異なってきますが、ショッピング利用だと、15%前後になります。キャッシング利用だと、18%くらいだと思っていただければOKです。

金額が大きくなるほど、毎月返済する利息も大きくなってくるのです。「返済しているのになかなか減っていかない!」というケースの多くは、返済金額の大半が利息に充てられているからです。

リボ払いを利用する上で、手数料の存在は気をつけなければいけないですね!

>>リボ払いと分割払いの3つの大きな違いとは?