「リボ払い」とは、キャッシングやショッピングの支払いをする時の方法の1つです。クレジットカードで買い物をした時は、一括払い・分割払い・リボ払いと選ぶことが多いですが、消費者金融などからキャッシングをした場合は、最初からリボ払いが設定されていることが一般的です。

リボ払いは一定額を返済していく方法

リボ払いは、利用金額や借入残高に応じて、月々一定額を返済していく方法のことを言います。

クレジットカードを例にするとわかりやすいのですが、一括払いの場合は、例えば1ヶ月で10万円利用したら、支払日には利用した10万円を支払う(返済する)ことになります。

それに対してリボ払いですと、1ヶ月で10万円利用したとしても、支払日には決まった金額だけを支払うことになるのです。

例えば、月々の返済額が1万円と決まっているのであれば、利用した10万円を毎月1万円ずつ返済していくというイメージです。

リボ払いは、月々の負担を少なくすることができるのです。

リボ払いには金利が発生する

リボ払いには、金利がかかってきます。

消費者金融や銀行カードローンでキャッシングをする場合に、金利がかかってくるというのはイメージしやすいですが、クレジットカードを使ってショッピングをした場合にも、リボ払いだと金利がかかってくるのです。

ショッピングでリボ払いを利用すると、カード会社にもよりますが、年利15%くらいがかかってきます。

なので、月々一定額を返済していくとお伝えしましたが、その中には、手数料(金利)が含まれていることを知っておいてくださいね。

繰り上げ返済することも可能

月によっては、お金に余裕があって、多めに返済することができる場合もあるでしょう。そんな時は、繰り上げ返済をしていくといいですよ!

多くの業者は、リボ利用分の繰り上げ返済に対応してくれます。「いつもより多くの返済ができる」という時は、繰り上げ返済でまとめて支払ってしまいましょう。

そうすれば、余計な金利を払わなくて済みますからね!

リボ払いと繰り上げ返済を上手く使っていくことで、毎月の負担を減らした上で、スムーズに返済をしていくことが可能になります。