利息制限法とは、名前からもイメージできるように、「どれだけの利息をとっていいか」が定められた法律です。

貸金業者は、利息制限法で定められた上限金利の範囲内でお金を貸しているのです。ヤミ金をのぞいて、利息制限法で定められた金利を超えて、お金を貸すような業者はありません。

利息制限法で定められた上限金利

では、どれだけの利息をとっていいのか?ですが、これは貸付金額によって異なってきます。借りる側からしてみれば、借りる金額によって上限の利息が異なってくるというわけです。

利息制限法で定められた上限金利は、以下になります。

10万円未満 10万円以上
100万円未満
100万円以上
上限金利 20% 18% 15%

利息制限法で定められた遅延損害金の上限

キャッシングをして期日通りに返済をしないと、遅延損害金が発生することがあります。遅延損害金としてかかってくる金額は業者によって違うのですが、その上限は利息制限法で決まっているのです。

遅延損害金の上限は、上限金利の1.46倍までと決められています。

10万円未満 10万円以上
100万円未満
100万円以上
遅延損害金の上限 29.2% 26.28% 21.9%

上限金利を超えることは絶対にない

利息制限法とは別に、出資法という法律が存在していて、法改正がされる前は、出資法の上限金利は29.2%となっていました。出資法の上限金利を超えると厳しい刑事罰の対象となるわけですが、言い換えるのなら、利息制限法の上限金利を超えても29.2%を超えなければ、厳しく罰せられることはなかったのです。

利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

現在は出資法の改正によってグレーゾーン金利はなくなっていますが、法改正前は今よりも利息が高かったケースが多かったのです!簡単に解説しましたが、上記は過去の出来事として知っていただければOKです。

今現在、当サイトでご紹介している大手消費者金融でキャッシングをした際に利息制限法の上限金利を超えていることは絶対にありませんので、安心してくださいね。