消費者金融等の貸金業者は、法律で定められた金利に沿ってお金を貸しています。ヤミ金のように違法な金利で
お金を貸しているところも中にはありますが、CMに出てくるような大手の消費者金融であれば、法律で定められた金利の範囲内で貸付をしているのです。

違法な金利を設定して営業していたら、会社が潰れてしまいますからね。

金利の上限は「利息制限法」という法律で定められています。

利息制限法で定められた上限金利

利息制限法で定められている上限金利は、金額によって違ってきます。つまり、いくらお金を借りるかによって、金利が変わってくるというわけです。

  • 10万円未満:年利20%
  • 10万円以上〜100万円未満:年利18%
  • 100万円以上:年利15%

消費者金融からお金を借りる場合、10万円〜100万円の範囲で借りる人が多いので、多くのケースでは年利18%となります。「年利」というのは、文字通り、1年間でかかってくる金利のことです。

例えばですが、50万円借りて、1年間そのままの状態にしておくと、50万円×18%=9万円の金利がかかってきます。

昔、法律が改正される前、20%を超えるような金利が設定されていることも珍しくありませんでしたが、改正によってだいぶ引き下げられました。年間18%でしたら、そこまで高くないですよね!

遅延損害金とは?

上限金利に続いて、もう1つ知っておいてもらいたいのが「遅延損害金」についてです。

遅延損害金は、しっかりと返済ができていたら発生することは100%ないですが、もしも返済が遅れてしまった場合に、発生する可能性があります。「延滞利息」とも呼ばれていて、返済日までに支払いができなかったことによる賠償金のようなイメージです。

「決まりを守らなかったから賠償金を払ってください!」と業者から請求がくるのです。

遅延損害金の利率

遅延損害金の利率は、利息制限法の中で定められています。では、遅延損害金の利率はどれくらいなのでしょうか?これは、上限金利の1.46倍までとなっています。

例えば、先ほども挙げたように50万円を借りた場合。この場合の上限金利は18%になります。返済日に遅れてしまうと、18%×1.46=26.28%の遅延損害金が発生する、というわけです。

実際の遅延損害金の利率は業者によって違いますが、20%くらいで設定している業者が多いです。

遅延損害金の計算方法

具体的に計算してみましょう。遅延損害金の計算方法は、「借入金×遅延損害金利率(年利)÷365日×遅延日数」です。

例えば、50万円借入をしていて、10日間遅延していて、遅延損害金利率が20%と設定されていた場合。

50万円×20%÷365日×10日=2740円

上記の遅延損害金が発生することになります。

もちろん、遅延をしないように返済していくことが1番ですが、「どうしても支払いが遅れてしまう!」という時に備えて、どれくらいの遅延損害金が発生するのかを知っておくといいですね。