キャッシング ATM

キャッシングの利用限度額を増やしたい!

そう考えているのなら、審査のポイントを知っておくことが大切です。申し込みをする時に審査があるのと同じように、利用限度額を増やす時にも審査があるのです!

審査基準を知っておくことで、今すぐに対策できることもあるので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

利用限度額を増やすために1番大事なのは返済実績を作ること

「利用限度額を増やしたければ毎月きっちり返済する」これに尽きます。

ちょっと考えてみてください。

消費者金融は、どんな人にお金を貸したくないと考えているでしょうか?

「多額のお金を借りる人?」違います。

消費者金融がお金を貸したくないのは、きっちり返済してくれない人です。お金はたくさん借りてほしいけど、返済はちゃんとしてほしい、そう考えています。消費者金融からしてみたら、お金を貸すことが商売なわけですから、むしろ、たくさんお金を借りてくれる人は歓迎なのです。

なので、消費者金融は「できれば利用限度額を増やしたい」と考えています。

だけど最初のうちは、その人がきっちり返済してくれる人かどうかわからない…だからこそ、返済実績を作ることが重要になってきます!3〜6ヶ月間、毎月延滞せずに返済を続けることで、増枠できる可能性が高くなります。

利用を開始して3ヶ月を過ぎたあたりから、利用限度額を増やす案内が消費者金融からくるケースもあります。もちろん、あなたから「枠を増やしたいのですが…」と申し出てもOKです。

延滞は絶対にダメ

消費者金融は、期日に対してとても厳しいです。たった1日2日支払い期限が過ぎてしまうだけでも、「この人はお金にだらしないんだな」と思われてしまいます。公共料金の支払いが少し遅れるのとはわけが違いますから(もちろん公共料金も延滞はダメですが)、支払い期日は厳守しましょう!

利用限度額を増やしたいのであれば、返済は絶対に遅れないように気をつけてくださいね。

→→ 借金返済を延滞するとどうなる?〜返済日を過ぎてからの基本的な流れ〜

他社からの借入や総量規制がポイントに

返済実績を作ることの他に、利用限度額を増やすために大事なこととして、他社からの借入を増やしすぎないことが挙げられます。4件、5件と借入件数があまりに多いと、「返済が遅れる可能性が高い」とみなされて、増枠の審査に通らないことがあります。

どうしても、今利用しているキャッシングサービスの枠を増やしたいのであれば、他社と新たに契約をすることは控えましょう。

ただ反対に、利用しているキャッシングサービスにこだわりがあるわけではなく、とにかくより多くのお金を借りれるようにしたいと考えているのであれば、他のキャッシングサービスに申し込んだ方がスムーズなことが多いです。

それからもう1つ、知っておいていただきたいのが「総量規制」というものです。年収の3分の1以上は借入をすることができない、と法律で決まっています。

そのため、利用限度額を増やすことによって、年収の3分の1を超えてしまうようであれば、審査に通らないと言えるでしょう。もし、審査に通らなかった経験があるのであれば、今の自分の年収と借入金額の合計をチェックしてみましょう。

年収の3分の1を超えるようであれば、銀行のカードローンなど、総量規制の対象外である金融機関に申し込むことを検討してください。