消費者金融からキャッシングをしていて、返済ができず、長期にわたって延滞をしてしまうと、消費者金融は差し押さえという手段をとってきます。

差し押さえは最終手段のようなもので、「お金返してくれないのなら、無理やりにでも返してもらうよ」とあなたの財産を強制的に押さえてしまうのです。

差し押さえは法的手段であるため絶対的な効力がある

「財産を強制的に押さえる」と表現すると、何だか悪どい感じがしますが、差し押さえは法的な手段です。なので、あなたが「勝手に人のもの持って行かないでください」と言ったとしても、それは無意味なのです。

そもそも、なぜ差し押さえという手段をとるかと言うと、長期に渡って延滞をしていて、お金が返ってくる見込みがないからです。返済日を過ぎて、催促の電話をかけたり・催促の書類を送っても返済はされず、一括返済を要求しても返済はされず、最後の手段として差し押さえをするのです。

「じゃあどうすればいいの?」ってことですが、1番いいのは、差し押さえをされるような状況にならないために、返せる範囲でお金を借りるということですね。ただ、事情があって、どうしても返済が苦しくて長期間延滞してしまうといった可能性も0ではありません。

消費者金融に差し押さえをされると、どのようなことが起こるのでしょうか?

消費者金融の差し押さえ=給料の差し押さえ

返済が遅れている人に対して、消費者金融行う差し押さえとは、一般的に給料を差し押さえることを指します。会社員であれば、毎月決まった日にちに一定額の給料を受け取っているわけですが、その一部を強制的に持っていかれるというわけです。

では、「一部とはどれくらいなのか」というと、給料の4分の1になります。

受け取っている給料が多いと、さらに多くを差し押さえられることになりますが、基本は4分の1だと理解しておいてください。4分の1という数字を大きいと感じるか、小さいと感じるかは人それぞれですが、急に生活ができなくなってしまうような割合ではないかと思います。

差し押さえをされることで会社にバレる

1つ注意点としては、給与を差し押さえられると、そのことが会社にバレることになります。正確に言うのなら、「差し押さえをします」と訴えを起こした時点で、裁判所から会社に通知が届くことになるので、その時点でバレます。

なので、会社に内緒で借入をしているのであれば、注意をしてください。

とは言っても、いきなり会社に通知が届くわけではなく、事前に「差し押さえすると会社に知られることになります」と説明があります。「会社に知られることは絶対に避けたい」と考えている人は多いですから、差し押さえをされる前に何としてでも返済しようと決意する人も少なくありません。

実際のところ、差し押さえをするケースは少ない

最後に少し余談です。

借金の返済が苦しくて延滞している人は少なくないですが、実際のところ、消費者金融が差し押さえをするケースはあまりありません。なぜかと言うと、差し押さえをすることで消費者金融にも負担がかかるからです。

消費者金融は、差し押さえをするにあたって供託金というものを裁判所に支払う必要があります。それに、金銭的な負担だけではなくて、時間的な負担もけっこうかかります。

そのため、よっぽど延滞している金額が大きければ別ですが、意外と消費者金融が差し押さえに踏み切ることって少ないのです。