• 静岡銀行カードローンで返済延滞をしてしまった!
  • セレカを利用していてどうしても返済日に間に合わない!
  • 返済延滞をしたらどうやって対処したらいいの?
  • 長期間の延滞をしているとどんな影響が出てくるの?

このような疑問・悩みを解決する記事をお届けします。

静岡銀行カードローン<セレカ>を利用していて、返済日にお金を用意することができず、返済延滞してしまう…

こういったことが起きた場合、どのような対処をしていけばいいのでしょうか。

期日までにしっかりと返済することがベストなのは言うまでもありませんが、万が一のケースに備えて、返済延滞した時の対処法を知っておくのも大事なことです。

延滞状態が続いていると、今後の取引に大きな影響(デメリット)も出てきますので、そちらも解説していきます。

静岡銀行カードローンを返済延滞した時の対処法は4つ

静岡銀行カードローン返済延滞してしまった場合には、以下4つの対処をしていくといいです。

対処1:謝罪の電話を入れること

返済日を過ぎてしまったらすぐにするべきなのが、静岡銀行に謝罪の電話をすることです。

静岡銀行から催促の電話がかかってくる前に、こちらから電話するようにしましょう。

返済延滞をしてしまった時点で、静岡銀行からの信用を失うことは事実ですが、謝罪の電話を1本入れるかどうかで相手からの印象は大きく変わってきます。

電話の有無によって、その後の取引(追加融資を受けられるかなど)にも関わってきますから、そのまま放置するのは絶対にNGです。

対処2:返済日を伝えること

謝罪の電話を入れたタイミングで合わせて伝えるべきなのが、具体的な返済日です。

「今月末までには返済金の10000円を必ず入金します」

上記のように、いつまでに返済することができるのかを具体的に伝えておくようにしましょう。

すぐに返済金を用意することが難しいのであれば、『対処4』を検討するといいですね。

対処3:利息のみの返済は可能か交渉する

返済金額の全額を支払うことはできないけど、一部なら返済できる

このような場合、利息のみの返済で次回まで待ってくれるか交渉してみるのも1つです。

例えば、返済金額が10000円で、その中に3000円の利息が含まれているのであれば、

「今月はどうしても10000円を支払うことが難しいので、今回のみ利息の3000円だけ支払って次回まで待っていただくことは可能でしょうか?」

のように交渉していく形です。

断られてしまうケースもありますが、試しに交渉してみるのもいいでしょう。

対処4:無利息期間のある他社カードローンを利用する

すぐに返済金を用意できなかったり、利息のみの返済がNGの場合は、無利息期間のある他社カードローンを新たに利用するのがいいです。

返済延滞をしている状態が続くと、

  • 静岡銀行で新たな借入ができなくなる
  • 他社カードローンが組めなくなる・キャッシングできなくなる
  • 住宅ローン・自動車ローンが組めなくなる
  • 遅延損害金を支払わなければいけなくなる

上記のようなデメリットが発生します。

たった1度だけ返済日に間に合わず延滞しただけで、あらゆる金融手続きに影響が出てきてしまうのです。

どう考えても、上記のような影響は出したくないですよね?

返済延滞による影響を避けるための対処として、他社カードローンを一時的に利用するのがおすすめです。

とは言っても、複数社に利息を支払うと毎月の負担はさらに増えてしまいますから、無利息期間が用意されているカードローンを利用するようにしてください。

例えばですが、大手キャッシングサービスのプロミスは、新規利用であれば30日間の無利息サービスが用意されています。

無利息期間中に返済をしてしまえば、余計な利息は全くかかりませんから、負担を増やさずに利用できますよね。

静岡銀行カードローン<セレカ>の詳細

ここからは、静岡銀行カードローン<セレカ>の基本情報や特徴について解説していきます。

金利(年利) 4.0〜14.5%
借入限度額 10〜500万円
返済期日 毎月10日(口座引き落とし)
申し込み可能時間 24時間・年中無休

最短30分で審査回答

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比べると、申し込みをしてから審査回答までに時間がかかることが多いです。

銀行によっては、申し込み→審査回答までの期間が1週間ほどかかることもあります。

セレカは銀行系カードローンにも関わらず、ネットからの申し込みだと最短30分で審査回答が届きます。

申し込んだその日のうちに借入できることもあるので、急ぎでお金を用意したいは助かりますよね。

※ただ、できる限り早く借入したいのなら消費者金融系カードローンの利用がおすすめです

利息のキャッシュバック

静岡銀行カードローンでは、契約日から数えて、翌月または翌々月の返済日前日までに発生した利息をキャッシュバックしてくれるサービスを行っています。(キャッシュバックが適用されるのは最大で45日間)

例えば、4月26日に契約して、金利14.5%で30万円借入していたとすると、

4月26日〜6月9日までに発生した利息=30万円×14.5%÷365日×45日=5363円

発生する5363円の利息がキャッシュバックされることになります。

45日間というのは最大なので、実際はこれよりも短い期間になることがほとんどですが、それでも実質的な利息負担が減らせるのは嬉しいですよね。

返済延滞した場合の遅延損害金

『対処4:無利息期間のある他社カードローンを利用する』のところでも書きましたが、返済延滞をすると遅延損害金というものを支払わなければいけなくなってきます。

遅延損害金というのは名前からもイメージできると思いますが、遅延(延滞)したことによって発生する損害金のことです。

遅延損害金は以下のように算出されます。

借入金額×遅延損害金年率÷365日×延滞日数=遅延損害金

※静岡銀行カードローンの遅延損害金年率は14.4%

例えばですが、70万円を借入していて30日間延滞していると、

遅延損害金=70万円×14.4%÷365日×30日=8285円

8285円の遅延損害金を支払わなければいけません。

毎月の返済に加えて、8000円以上のお金を支払うことになるわけですから、金銭的な負担はかなり増えてしまいますよね。

静岡銀行カードローン<セレカ>で返済延滞したら?4つの対処法のまとめ

この記事でお伝えした内容をまとめます。

静岡銀行カードローン<セレカ>を返済延滞した場合の4つの対処法

  • 対処1:謝罪の電話を入れること
  • 対処2:返済日を伝えること
  • 対処3:利息のみの返済は可能か交渉する
  • 対処4:無利息期間のある他社カードローンを利用する

まず『対処1』と『対処2』を行った上で、利息のみの返済交渉をするか、他社カードローンを利用するかを検討していきましょう。

ただ、利息のみの返済を承諾してくれたとしても、今後新たに借入できないなどの影響が出てしまうことがあるので、ベストなのは他社カードローンを一時的に利用して返済してしまうことですね。

その場合、今よりも負担を増やさないためにも、必ず無利息期間のあるカードローンに申し込むようにしてください。無利息期間のあるカードローンとしてはプロミスやアコムがあります。

⇒ プロミスでお金を借りる前に!審査から融資までの流れ