水道代

お金が足りなくて水道代を払うことができない…

そんな時に気になるのが、「払えなかったらどうなるのか?」ということですよね。ただ、水道が止まるだけだと思っているかもしれませんが、そうではないのです。

水道が利用停止になるまでの滞納期間について

水道代を払えない場合、1番気になるのが「いつ利用停止になるのか?」ということ。住んでいる地域によって多少の違いはありますが、ほとんどの場合、滞納してから利用停止までの期間は2ヶ月です。

支払期日までに支払いができないと、まず約1ヶ月後に催促状が届きます。それでも支払いができないと、催促状が届いた約半月後に勧告状が届きます。勧告状が届いても、なお支払いができないと、また半月後に給水停止予告書が届き、給水停止(利用停止)になる、というわけです。

例えばですが、支払い期日が8月4日であれば、滞納が続いていると10月4日あたりには利用停止になると思ってください。

水道がもし止まってしまった後はどうなる?

滞納が続いて水道が止まってしまった場合、どうなってしまうのでしょうか?

1度利用停止になってしまったら、基本的には未納金を全て支払わなければ復旧しません。滞納してから利用停止までの期間が2ヶ月ということは、2ヶ月分は滞納していることがほとんどです。その場合は、2ヶ月分の料金をまとめて払う必要があるというわけです。

それに加えて、延滞金が発生することもあります。延滞金は地域によって設定が異なりますが、年15%ほどの延滞金が加算されるケースもあるので、注意が必要です。

また、仮に滞納分を支払ったとしても、すぐに水道が使えるようになるわけではありません!支払いが確認できてから復旧作業を行うので、実際に水道が使えるようになるまでに何日かかかってしまうこともあるのです。

「お金を払ったのに、水道が使えない…」これはかなり困りますよね。

水道代が払えない時の対策

「じゃあどうしたらいいの?」ってことですが、やはり水道代を滞納しないようにすることがベストです。

水道が止まるだけでも困るのに、延滞金がかかってきたり、復旧作業に時間がかかってしまったりと、滞納することによるデメリットは非常に大きいのです。

「水道代を滞納すると大変なのはわかった!でもお金がない…」

そういった時にオススメなのが、一時的にキャッシングをしてお金を用意することです。水道代を滞納してしまうくらいなら、お金を借りてでも払ってしまった方が明らかにいいです。キャッシングサービスを使えば、周りに知られたり、誰かに迷惑をかけるようなこともないですからね。

水道代が払えないのであれば、キャッシング利用して対策していきましょう!

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方