新しくキャッシングをする際、申し込みをして審査に通過する必要があるわけですが、通過するために重要なポイントとして、借入件数や借入金額が挙げられます。

奨学金を利用している場合・奨学金を利用していて返済中の場合、これらは他社借入扱いになるのでしょうか?

奨学金は他社借入扱いにならない理由とは

いきなり答えを書いてしまいますが、奨学金は他社借入扱いにはなりません。新たにキャッシングをする際に、借入件数や借入金額にはカウントされないです。

なので、奨学金を利用している(利用していた)からと言って、それが審査にマイナスにはならないのです。

奨学金は借入情報が載らないため

通常、消費者金融からお金を借りると、その情報が信用情報機関に載ることになります。金融機関であれば、信用情報機関を見ることができますので、審査の時にチェックしているのです。

ですが奨学金の場合、そもそも信用情報機関に情報が載っていないので、利用しているかどうかさえ、金融機関にはわからないのです。

ただし、奨学金を延滞していた場合は影響あり

奨学金を利用していること自体は審査に影響しませんが、もし延滞してしまった場合は、審査に影響するケースがあります。長期間に渡って返済が遅れていると、そのことが信用情報機関に載ることになります。

先ほどもお伝えしたように、金融機関は審査の時に信用情報機関をチェックしています。延滞していた事実が知られると、それが影響して審査に通らない、、なんて可能性もありますので、注意してくださいね。

教育ローンや学生ローンは審査に影響する

奨学金と似ていますが、銀行などの金融機関を利用して、教育ローンや学生ローンとしてお金を借りていた場合は、審査に影響することになります。

学費を払う目的で借入していたとしても、金融機関から借入していることに変わりはないので、信用情報機関に載るのです。

教育ローン・学生ローンを利用しているからと言って、100%審査に通らないわけではありませんが、審査に影響することは知っておいてください。