• 東北銀行カードローンの返済期日に間に合わなかった!
  • イーノスを延滞した時にどうやって対処したらいいの?
  • 返済延滞をするとどのような影響があるの?

こういった悩みや疑問にお答えしていきます。

東北銀行カードローン≪イーノス≫を利用していたけれど、返済日に間に合わずに延滞してしまった場合、どのように対処していくのがベストなのでしょうか。

返済延滞をするとマイナス点も多いので、それを理解した上でどうするか行動していくべきです。

大事なことなので最初にお伝えしておきますが、返済延滞をしてそのまま放置しておくのは絶対にNGです。

東北銀行カードローン返済延滞時の対処方法は3つ

東北銀行カードローン≪イーノス≫の返済日に支払いができず、延滞をしてしまった場合、対処方法は全部で3つあります。

1、東北銀行に謝罪する&返済日を伝える

まず必ずすべきなのが、東北銀行に電話を入れることです。

「延滞をしてしまったことに対して謝罪すること」「○日までに返済できると伝えること」

この2つは電話で伝えるようにしてください。

約束を守っていないのはこちらなので、電話を入れるのはマナーとして当然のことです。

この電話1本があるかないかで、その後の東北銀行との取引に影響してくると言ってもいいでしょう。

東北銀行からの信用を失ってしまうと、追加融資が一切できなくなる可能性もありますから、注意してください。

2、返済金額の交渉をする

例えばですが、

  • 返済金額:14000円
  • 元金充当分:10000円
  • 利息分:4000円

上記のようなケースで、どうしても14000円の支払いは難しいけど10000円なら何とか払える、というのであれば、電話をしてその旨を伝えてみるのも1つです。

「そうしましたら、今月のみ返済金額は10000円で大丈夫です」というように、その月だけ少ない返済金額でも了承してくれることがあります。

また、利息のみの返済(上記のケースだと4000円)で次回の返済まで待ってくれることもあるので、どうしても苦しいのなら「今月だけでよいので、利息の返済で次回まで待っていただくことは可能でしょうか?」と交渉してみてもいいでしょう。

3、他社カードローンに申し込んで返済金を用意する

冒頭で「返済延滞をするとマイナス点も多い」と書きましたが、具体的には以下のような影響が出てきます。

  • 東北銀行から借入ができなくなる
  • 遅延損害金が発生する
  • ブラックリストに載る→今後ローンを組むこと・キャッシングすることが困難
  • 家族や会社にバレる可能性が高くなる

というように、たった1度返済延滞するだけで、多大なデメリットがあるのです。

それを避けるためにも、新たに他社カードローンに申し込みをして、そこで借りたお金を返済に充てる、という対処があります。

将来的なことを考えるのなら、この対処は必ず行うべきです。

ただ注意点として、複数社から借入をして利息負担が増えるのを避けるために、無利息期間のあるカードローンを利用するようにしてください。

そうでないと、利息が膨らんでいってますます苦しくなってしまうことも考えられます。

例えばプロミスであれば、初めての利用なら30日間無利息でキャッシング可能なので、30日以内に返済をすれば余計な利息は一切かかりません。

東北銀行カードローン≪イーノス≫の詳細情報

続いて、東北銀行カードローン≪イーノス≫の基本情報や特徴を見ていきましょう。

金利(年利) 4.8〜14.0%
借入限度額 10〜500万円
返済期日 毎月5日(口座引き落とし)
申し込み可能時間 24時間・年中無休

カードローンとフリーローン

イーノスには、カードローンとフリーローンの2種類が用意されています。

カードローン)
利用限度額内であれば、いつでも自由に借入が可能。毎月5日までの返済に加えて、自分の好きなタイミングでも返済できる。

フリーローン)
最初にまとまったお金を借入して、決まった金額を毎月返済していく。

借りたり返したりを繰り返し行えるカードローンに対して、フリーローンは最初に借りたお金を計画的に返済のみしていく形ですね。

カードローンは満20歳以上・66歳未満、フリーローンは申し込み時に満20歳以上・完済時に満71歳未満が利用できると決められています。

金利は全部で4種類

上記の表で『金利(年利):4.8〜14.0%』とありますが、具体的には、

  1. 年利4.8%
  2. 年利8.0%
  3. 年利11.0%
  4. 年利14.0%

のいずれかになります。

利用限度額が少ない場合(数十万円程度)は、年利14.0%が適用されることがほとんどですが、審査に基づいて金利が決定されます。

延滞すると遅延損害金が発生する

イーノスを利用していて返済日を過ぎて延滞状態が続いていると、遅延損害金が発生してきます。

イーノスの遅延損害金年率は商品概要に明記されていませんが、一般的に15%前後であることがほとんどです。

遅延損害金は、以下の計算式に当てはめる形になります。

遅延損害金=借入残高×遅延損害金年率÷365日×延滞日数

例えば、借入残高80万円・遅延損害金年率15%・延滞日数25日の場合にどれくらいの遅延損害金が発生してくるかというと、

80万円×15%÷365日×25日=8219円

上記のように、なんと8219円もの遅延損害金を支払わなければいけないのです。

遅延損害金というのは、月々の返済とは別に発生するものなので一気に負担が増えますし、損害金ですから支払っても当然元金が減っていくようなことはありません。

東北銀行カードローン≪イーノス≫を返済延滞時の3つの対処方法のまとめ

この記事で解説した内容をまとめると、

東北銀行カードローン返済延滞時の対処方法は3つ

  1. 東北銀行に謝罪する&返済日を伝える
  2. 返済金額の交渉をする
  3. 他社カードローンに申し込んで返済金を用意する

返済延滞をしてしまったら、まずは東北銀行に電話して、謝罪と返済についての話をするべきです。

東北銀行からの信用を失ったり今後のローンに影響を出さないためにも、すぐに返済ができないのなら、3つ目の対処方法でお伝えした『他社カードローンに申し込んで返済金を用意する』ことを検討してくださいね。

無利息カードローンを利用して、今以上に負担を増やすことなく、延滞状態を解消していきましょう。