• 浮気や不倫がバレて慰謝料を要求された!
  • 不倫が原因で離婚を要求されている!
  • 離婚後の慰謝料の相場は?
  • 慰謝料を払わないとどうなるの?

このような悩み・疑問を解決する記事をお届けします。

おそらくこの記事を読んでいるあなたは、浮気・不倫が妻(夫)にバレたことによって、慰謝料や離婚を要求されている状態なのだと思いますが、金額の相場はどれくらいになるのか気になるところですよね。

また、言うまでもないことかもしれませんが、慰謝料の金額って高額ですから、自分が悪いとは言ってもできることなら払いたくないものです。

要求されている慰謝料を払わないとどうなるかについても、併せて解説していきます。

浮気・不倫による慰謝料の相場はどれくらい?

いきなり話の腰を折るようですが、浮気・不倫が原因で慰謝料を要求される場合に、はっきりとした金額の相場があるわけではありません。

正確に言うと、「離婚後にどういう状態になったか」によって慰謝料の相場は変わってくるのです。

  • 浮気・不倫が発覚したけど離婚も別居もしなかった
  • 浮気・不倫が発覚して別居はすることになったけど、離婚はしなかった
  • 浮気・不倫が発覚して離婚することになった

など、離婚後にどうなったかによって慰謝料相場は異なるのですが、それぞれどのくらいの慰謝料になってくるのかと言うと、

浮気・不倫が発覚したけど離婚も別居もしなかった 50万円〜100万円
浮気・不倫が発覚して別居はすることになったけど、離婚はしなかった 100万円〜200万円
浮気・不倫が発覚して離婚することになった 200万円〜300万円

ケースバイケースではありますが、状況が悪化すればするほど、慰謝料の相場も高額になる傾向にあります。

慰謝料の金額に影響してくることとは?

「ケースバイケース」とお伝えしましたが、具体的にどういった出来事・状態が慰謝料の金額に影響してくるのかを載せておきます。

自分に当てはまっていることを把握しておくと、慰謝料のイメージがつくかもしれません。

慰謝料の増額になる可能性があること

  • 相手との年齢差が大きい
  • 結婚生活が長い
  • 相手が(こちらのことを)既婚者と知っていた
  • 長期間に渡って浮気・不倫行為があった
  • 過去にも浮気・不倫行為をしていた
  • 浮気・不倫によって子供ができていた
  • 夫婦間に子供がいる

慰謝料の減額になる可能性があること

  • すでに家庭が崩壊寸前だった
  • 妻(夫)が浮気・不倫の原因を作っていた
  • 相手が主導で浮気・不倫が行われていた
  • 相手がすでに社会的制裁を受けている

慰謝料を払わないとどうなる?

「できることなら慰謝料を払いたくない。。」

この気持ちはわからなくもないですが、慰謝料を払わずに逃げたりするようなことは絶対にできません。

慰謝料を払わないと強制執行される

慰謝料というのは裁判によって決まるものなので、法的拘束力があります。

慰謝料を払わないとまずは、

  • 支払い書
  • 判決書

などが送られてくることになりますが、それでも支払われない状態が続くと、強制執行へと進んでいくことになります。

強制執行:強制的に土地や給料などを差し押さえること

あなたの財産、財産となり得るものを強制的に差し押さえられてしまうので、強制執行は絶対に避けなければいけないことは言うまでもないかと思います。

給料が差し押さえられてしまっては生活にも支障が出ますから、「慰謝料を払わなくてもいいや」などとは考えない方がいいということですね。

慰謝料を払うだけの金銭的な余裕がない場合

慰謝料を”払わない”のは絶対にNGだとここまで解説してきましたが、金銭的に余裕がなくて”払えない”という場合、どうしたらいいのでしょうか?

最後に、慰謝料を払えない場合の対策を2つほどお伝えしていきます。

1、分割での支払いをお願いする

まとまったお金がなくて慰謝料を払うことが難しい場合は、分割で支払うことが1つの対策となります。

ただ、こちらの都合で分割払いに変更することはできないですから、相手に分割払いをしたい旨をお願いする必要があります。

もちろん分割を認めてくれるケースも多いですが、借り入れしてでもしっかり払ってほしいなどと、お金を捻出して一括で支払うように言われることも少なくないようです。

こればかりは、相手次第としか言えないですね。

2、カードローンを利用する

これは分割を認めてくれない場合の対処法にもなりますが、一時的にまとまったお金を用意する方法としておすすめなのがカードローンを利用するということです。

借り入れすることに対して抵抗のある人もいらっしゃいますが、土地や給料を差し押さえられた方がよっぽど大きな影響が出てしまいます。

カードローンを利用して慰謝料を捻出できるのであれば、使わない手はないと思うのは私だけではないはずです。

カードローン会社を選ぶ際、以下の2つは必ず守った方がいいです。

  1. 大手のカードローン会社であること
  2. 金利0円サービスを提供していること

この2つがなぜ大事かと言うと、

  • 大手のカードローン会社でないと倒産リスクがある→倒産すると借入金額を一括で返済するように命じられるケースがある
  • 金利0円サービスを利用することで、余計な利息を払わずに他社よりお得に利用することができる

このような理由があるからです。

上記2つの条件を満たしていて、当サイトでおすすめしているのはプロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)です。

プロミスは三井住友フィナンシャルグループのカードローン会社なので、非常に大きな会社で倒産リスクはほぼありません。

また、30日間の金利0円サービスを行っているので、他社と比べるとかなりお得に利用することができるというわけです。

慰謝料の支払いが厳しくてカードローンを利用するのでしたら、プロミスを選ぶといいですね。

プロミスでお金を借りるにはこちら