家賃払えない

「予想外の出費が重なって、家賃が払えない!」

そんな時はどうすればいいのでしょうか?ここでは家賃が払えない時の対策を紹介していきますが、そもそも、家賃が払えないとどうなるか知っていますか?

家賃が払えないと起こり得ること

家賃が払えずに延滞していると、以下のようなことが起こってきます。

度重なる催促

当然ですが、家賃を払っていないと催促がきます。まずは電話や書面での催促がきます。支払日を数日過ぎると、自宅や携帯に電話がかかってきたり、自宅に書類が届くようになります。

支払いが確認できないと、度重なる催促がくるようになるわけですが、その口調もだんだんと厳しくなってきます。

延滞が続いていると、自宅に直接訪問されることもあるでしょう。

保証人に連絡

それでも支払いが確認できない場合は、保証人に連絡がいくようになります。親や友人など、賃貸契約時に保証人を用意することが一般的ですが、その保証人に「●●さんの家賃が未納なので支払ってください」
と連絡がいくのです。

周りに家賃を滞納していることがバレてしまいますので、この段階まで延滞をすることは避けなければいけません。

強制退去

最終的には、強制退去となります。強制退去が決定してしまうと、もう何を言ってもダメです。定められた日にちまでに部屋を出ていかなければなりません。

強制退去になったらどうなるか?

強制退去になったからと言って、家賃の支払義務は残りますので、延滞している家賃は支払うことになります。住む場所はなくなって、支払うお金は残るのです。

それも、家賃を延滞していると、遅延損害金がかかってくるケースがほとんどです。

遅延損害金は、1日の延滞で○○円と定められている場合もあれば、年利○%のように定められている場合もあります。長期間に渡って延滞をしていると、遅延損害金だけで何十万円という金額になることだってあるのです!

軽い気持ちで家賃を滞納したとしても、後々大変なことになってしまいますから、滞納は絶対に避ける必要がありますよね。

家賃が払えない時の対策

「じゃあどうすればいいの?」と思いますよね。家賃は支払わなければいけない!でもお金がない!そんな時におすすめなのが、キャッシングです。

キャッシングをすることで、家賃が払えずに強制退去、、なんてことは回避できます。保証人に連絡がいったり、強制退去になるようなことは誰だって嫌ですよね?であれば、一時的にでもお金を借りて家賃を支払ってしまうことが、確実ですし、手っ取り早いのです。

キャッシングであれば、人間関係のトラブルなく、問題を解決することができるわけです。家賃が払えずに困っているのであればキャッシングサービスを利用するといいですよ!

>>失敗しないキャッシングサービスの選び方