管理人のカンタンな自己紹介

kanrinin

はじめまして、当サイトの管理人です。このページを訪問してくださっているあなたは自分にぴったりのカードローンを選びたいはずです。その前に、どんな人なんだろうということで管理人の体験を読んでみたい方は以下のフォルダを開いてみてください。

管理人の過去の体験を読んでみる

私は過去に妻には内緒で
多額の借金をしていました。

妻に隠れての借金だったので
あの時は本当にやばかったです…。
ばれないかとヒヤヒヤもんでした。

でも、過去にそのような経験をしたので、
今になっては同じように
キャッシングをしようとする人にとっては、
有益な情報をお届けできるようにはなりました。

同じ会社の同僚にも
お金の借り方でよく相談されます。

というよりも、お金を貸して欲しいと
言われることの方が多いですが・・。

そんな時は私はもちろん、
断ります。

お金のトラブルは厄介で
人間の関係性を壊してしまいかねないからです。

だからこそ、相談された時は
私の過去の経験から
キャッシングすることをおすすめしてます。

やっぱり、同僚でもそうですが
初めてキャッシングをするとなると、
非常に不安なようです…。

私もそうでした。

おそらく、このサイトを見に来てくださったあなたも、
消費者金融って「怖い」
「アヤシイ」「詐欺に遭うかも」

なんていうイメージがあるかもしれません。

消費者金融っていうと、
どうしても悪いイメージがありますからね。
それは仕方のないことです。

でも、生きているとどうしてもお金が必要になる
っていうことあるんですよね。
そんな時に、頼りになるのがカードローン。

当時の私は、「怖いなー」とは思いながらも
せっぱづまっていたので、「えい!もういいや!!」
と思って、キャッシングをしました。

でも実際に借りてみて返済し終えた
今となってみると
「あの時、頼ってよかったな~」
思えてます。

もちろん、馬鹿なことにお金を使ったなとは思いますが、
そのような経験も人生と思うので。

もちろん、借りる前には消費者金融に関して
いろいろと調べました。

最終的には勢いに任せた
っていうのもありましたが、
しっかりと調べたりしました。

ネットでいろいろと調べたりもした他、
実際に某カードローンの無人契約機の前で
ウロウロしたり、中に入ったけれど特に何もせずに出たり。

そんな、私のこれまでの経験から、
いざというときに頼りになる
カードローン
をこのサイトではご紹介しています。

カードローンを借りる前に不安や疑問を解消しよう

カードローンを利用するとなったら、色々と不安なことが出てきます。家族にばれないだろうか?今日中にお金を借りれるのだろうか?利息はどれくらいになるのだろうか?そういったよくある質問をまとめていきます。不安を解消してから以下に紹介するカードローンを利用していくことをおすすめします。

よくある質問と回答一覧

返済を延滞するとどうなる?

返済を延滞すると基本的にはどの消費者金融、銀行であろうと以下の様な流れで進められます。ただ、銀行は非常に厳しいですが、消費者金融の方は寛容ではあります。2番以降まで進んでしまうと家族バレになってしまうので、返済延滞は避けましょう。

  1. 遅延損害金が発生する
  2. 催促の電話が来る
  3. 催促状が届く
  4. ブラックリスト登録される
  5. 一括返済請求が来る
  6. 差し押さえが行われる
ブラックリストとは?載るとどうなる?

ブラックリストに載るというのは、正式には信用情報機関に登録されることを指します。信用情報機関に登録されるのは、返済日になっても返済ができず、長期にわたって延滞をした時です。ブラックリストに掲載されると、クレジットカードを発行できない、ローンを組めない、新規で融資を受けられないというデメリットがあります。

差し押さえとはどのようなことが行われるの?

返済が遅れている人に対して、消費者金融や銀行が行う差し押さえとは、一般的に給料を差し押さえることを指します。会社員であれば、毎月決まった日にちに一定額の給料を受け取っているわけですが、その一部を強制的に持っていかれるというわけです。そのため必然的に家族や会社にもバレることになります。

バイトやパート、無職はお金を借りられる?

バイトやパートは20歳以上で安定収入があるとみなされればカードローンに申し込むことが可能です。また、無職や派遣社員、専業主婦などはお金を借りることが出来るのかどうかについては以下に詳しく記載されています。

キャッシングは何時までに審査すれば間に合う?

即日融資を受けるにあたって、当然ですが審査があります。審査に通ればすぐに融資を受けることができるわけですが、審査に間に合わなければ、お金を借りるのは翌日となってしまいます。。では、何時までに審査をすれば、即日融資を受けることができるのしょうか?

自動契約機にいけるなら、基本的には21時までにネット申し込みから審査まで終了させる

消費者金融によって多少の違いはありますが、審査を行っている時間は9時〜21時である場合が多いです。ですから、21時を過ぎてから審査を申し込んでも、その日の内に融資してもらえません。当日お金を借りたいのであれば、21時までには審査を完了させておきましょう。ギリギリに申し込みをしてしまうと、審査に間に合わないことがあります。余裕を持って、20時くらいまでには申し込みを完了させておくといいです。

完全在宅で即日融資を受けたいのなら14時がポイントに!

完全在宅で即日融資を受ける場合のように、振り込んでもらう形で融資を受けるのなら、締め切りの時間が変わってきます。なぜかと言うと、銀行の営業時間を過ぎてしまうとその日のうちにお金が入金されないからです。振込で即日融資を受ける場合の受付時間をいくつか載せておくと、

  • アコム:平日14:30まで
  • プロミス:平日14:00まで
  • アイフル:平日14:00まで

というように、だいぶ締め切りの時間が早くなるので注意してください。

事前にネットで申し込みをしておくと安心

「即日融資を受けたいけれど、仕事などで間に合うかどうか心配!」というのなら、まずはネットから申し込みだけでもしておくといいですよ!(スマホからでも申し込みはできます)ネットで申し込みをしておけば、あとは自動契約機に行ってカードを受け取るだけになるので、スムーズですし、とても楽です。もちろん、その場ですぐにお金を借りることができます。

在籍確認で電話連絡なしでお金を借りれるか?

キャッシングをする場合、申し込みをして審査をするわけですが、その時に必ず行われるのが在籍確認です。在籍確認をするのは、あなたが申告した勤務先に本当に在籍しているのかをチェックするためです。通常、在籍確認は電話連絡という形でするのですが、「会社に電話がかかってくるのはどうしても嫌!」という人はけっこう多いです。

電話連絡での在籍確認が嫌なのであれば、他の方法で在籍確認を行いましょう!ただ、全てのキャッシングサービスが電話連絡以外での在籍確認に対応しているわけではないため、その点は注意が必要です。事前に確認しておくといいですが、プロミスアイフルをはじめとする大手のカードローンを利用する場合には、事前に在籍確認方法を確認しておきましょう。電話での在籍確認に対してご要望がある場合には、申込完了後すぐにプロミスやアイフルに相談をしてください。

急に勤務先に電話がかかってくることを避けるために、事前に消費者金融に在籍確認方法を確認しておくといいです。タイミングとしては、申し込みが完了した後がいいでしょう。ネットで申し込みをした場合、審査に入るタイミングで消費者金融から携帯電話に連絡がくる場合が多いのですが、そのタイミングで確認をしておきましょう。在籍確認は審査の最終段階で行われるため、申し込みが完了してからでも十分間に合います。

  • 「私個人を指名して会社に電話がかかってくることは普段ないため、電話は避けてほしい」
  • 「たとえ御社名(消費者金融会社)を名乗らなくても、まわりは不審がる可能性が高いから他の方法をとってほしい」

このような理由を伝えて、他の方法で在籍確認をしてもらうようにお願いしましょう。

1つポイントですが、あまりにも借入希望額を大きくすると、電話確認になるだけでなく、審査に通りにくくなることもあります。ですから、よっぽどの事情がない限りは、30万円未満の希望額で申し込みすることをオススメします。

返済金額の定額方式と定率方式の違い

<定額方式とは>

※ここでお話している定額方式とは(正式名称:残高スライド元利定額返済方式)のことです。

定額方式(正式名称:残高スライド元利定額返済方式)とは、「金額」を基準にして返済金額を決定していく方法です。大手キャッシングサービスですと、プロミスアイフルが残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

イメージしてもらえるように、例を挙げていきますね。

プロミスの場合、最低返済金額は以下のように計算されます。

  • 借入金額の元本が30万円以下:元本×3.61%
  • 借入金額の元本が30〜100万円:元本×2.53%
  • 借入金額の元本が100万円超:元本×1.99%

※1,000円未満は切り上げです

例えば、40万円を借りていた場合。

40万円×2.53%=10,120円

切り上げなので、11,000円が月々の最低返済金額になります。

20万円借りていた場合だと、

20万円×3.61%=7,220円

切り上げなので、8,000円が月々の最低返済金額です。

<定率方式とは>

一方で定率方式は、「割合」を基準にして返済金額を決定していく方法です。大手キャッシングサービスですと、アコムが定率方式を採用しています。

こちらも例を挙げていきますね。

アコムの場合、基本的に借入金額の3.0%が月々の最低返済金額となります。

計算式は、以下になります。

  • 借入金額の元本×3%

※1,000円未満は切り上げです

プロミスとの例で大きく異なるのは、3%という割合が金額関係なしに一定であることです。

例えば、40万円を借りていた場合は、

40万円×3%=12,000円

となります。

20万円であっても割合は変わらずに、

20万円×3%=6,000円

となります。

カードローン借入の本人が死亡や返済不能になったらどうなる?
  • カードローン借入は負債として相続対象になる
  • 相続するかしないかを決めることができる(相続放棄)
  • 遺言がある場合とない場合とで相続対象は変わってくる
  • 「相続すると知った時から3ヶ月以内」に相続するかしないかを決定する必要がある
  • 相続放棄したことを次の相続対象者に伝えておかないと、大きな借金を抱える可能性がある
ブラックリストに自分が載っているか調べる方法を知りたい

ブラックリストに載っているのにも関わらず、あっちこっちのカードローンに申し込んだところで審査に落ちてしまいますから、もし心当たりがあるのであれば以下の方法で調べてみても良いでしょう。

カードローンの返済は踏み倒せるのか
  • カードローン返済の踏み倒しを成功させるのは非常に難しい
  • 踏み倒しをすることによってブラックリストに載ってしまう

上記の理由から、不可能ではないようですが借金の踏み倒しをするのは賢い選択だとは言えません。

【2018年最新版】管理人イチオシの頼りになるカードローンはコレ!

※当サイトのお申込み数の多い順にランキングを付けています。

  1. プロミス※50万以下なら原則収入証明書不要


    金利 4.5~17.8%
    限度額 1~500万
    審査時間 最短30分
    融資速度 即日融資も可能
    はじめてのご利用なら30日間無利息サービス
    最短30分回答。融資最短1時間も可能
    土日祝でもお金を借入可能
    カードローン初心者にも安心丁寧
    公式ページにて借入可能か3秒診断有り
    安定収入があればアルバイトでも借りれる
    夜の申込みで翌朝早くから借入可能

    プロミス詳細
    プロミス公式

    ※無利息期間サービスを受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
    ※安定収入があればパートやバイトでもOK

    公式ページへ


    女性の方はこちら⇒プロミスレディース公式ページへ ※女性オペレーターが対応してくれます。

  2. アコム


    金利 3.0~18.0%
    限度額 最大800万
    審査時間 事前に3秒診断可能
    融資速度 即日融資も可能(※)

    初契約で最大30日間金利0円でお金を借りれる
    1万円から借りれるのでちょっとの利用にも嬉しい
    借入可能かを事前に3秒診断可能

    ※即日融資対応は申込時間帯により希望に添えない場合があります。

私が選んだカードローンはどれも大手のものです。

なぜ大手のサービスを選んだのかというと、有名でテレビCMなどをしているようなところであれば、多くの人が利用しているため倒産の危機がないからです。

ちなみにですが、そういった会社が倒産してしまったら、「お金を返さなくて良い?」なんて思ってしまいがちですが、そうではありません。しっかりと返す義務があるんです。

しかも厄介なのが倒産してしまった場合、次に引き継がれた会社の方針によって規則が変わってしまうので、それまではバレずに借りることができていたのが、倒産をきっかけにバレてしまうこともあるんです…。

だから、ほぼほぼ倒産はないであろうという大手カードローンを使うのが、後々までバレずに借りておけるポイントなんですよ。

というわけで、誰もが聞いたことのある頼れる大手カードローンの特徴やポイントをまとめていきます。

<各カードローンの特徴一覧>

  • プロミス
    • 初めてのご利用なら30日間無利息サービス
    • 30日の無利息期間を受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。
    • 公式サイト http://cyber.promise.co.jp/
  • アコム
    • 初めてのご利用なら30日間無利息サービス
    • 返済期日「35日ごと」の選択をすることが必要となります。
    • 公式サイト http://acom.co.jp/
  • SMBCモビット
    • 絶対に家族や同居人にバレたくないというのであればSMBCモビットで間違いなし!(三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行普通口座を持っている場合に限りますが…。)
    • 公式サイト http://mobit.ne.jp/
  • アイフル
    • 20代の方の利用が多い。
    • つまり、私のように所得の少ない人にも多く利用されているサービスなんです。
    • 公式サイト http://www.aiful.co.jp/