プロミス

CMでもお馴染みで誰もが知っているキャッシングサービスのプロミスは、貸付実績が豊富です。初めてのキャッシングでも非常に使いやすいため、人気のサービスになっています。

契約時にメールアドレス登録とWeb明細利用登録をすることで、30日間の無利息期間サービスが設けられます。ですから、当サイトでも初めてのキャッシングであれば、プロミスをおすすめしております。

また、すぐにお金が必要という方は、平日14時までに契約完了で即日振込融資も可能になります。というわけで、今回の記事では、大手キャッシングサービス「プロミス」の詳細をご紹介します。

<プロミスの特徴を簡潔に>
  • 土日祝日でも借入可能
  • 初めてなら30日間利息0円(※契約時にメールアドレス登録とWeb明細登録必須)
  • 初めての方や20万以下の借入を希望しているならおすすめです。
  • スマホ1台あれば申し込みから融資まで完結可能(※対象金融機関は200行以上あります。)
  • 夜間の申し込みで翌朝早くから借りれる
  • たった3項目のお借入診断も可能

プロミス3秒借入診断

プロミス公式ページ


女性の方はこちら⇒プロミスレディース公式ページへ

※女性オペレーターが対応してくれます。

大手キャッシングサービス プロミスの詳細

プロミスのポイントはなんといっても、初めてのご利用であれば30日間無利息期間が付いていることです(※30日の無利息期間を受けるには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)しかも、契約してから30日間ではなくて、実際に借りてからカウントされて30日間なので良心的!多くの人に利用されているプロミスは、金利も他者に比較して安めなので、初めて使うのにおすすめサービスです。※申込の曜日、時間帯によっては即日融資ができない場合があります。

実質年率 4.5~17.8% 収入証明書 50万以下の借入は不要
限度額 1~500万円 在籍確認 有り(※1)
審査時間 最短30分 保証人 不要
融資速度 最短1時間も可 返済方法 コンビニATM/無人契約機
来店の必要性 ネットで完結(※2) 申し込み資格 20~69歳

プロミス公式ページ

補足事項
※1 電話での在籍確認に対してご要望がある場合には、申し込み完了後すぐにオペレーターにご相談をしてください。 ※2 対象金融機関は200行以上あります。

プロミス返済シミュレーション

24ヶ月で返済完了(実質年率17.8%)の場合

各借入金額を24ヶ月(2年)で返済するときの、毎月のご返済金額と合計利息・返済金額一覧(実質年率は最大の17.8%での計算をしています。)以下の表を参考にしてみてください。

プロミス(実質年率17.8%・24ヶ月で返済)
借入金額 月々返済金額 合計利息 合計返済額
10万円 4,982 19,578 119,578
20万円 9,965 39,159 239,159
30万円 14,948 58,746 358,746
50万円 24,913 97,923 597,923

当サイトでは、はじめてプロミスでお金を借りるときには20万円未満の金額で借りることを推奨しています。というのも、それ以上の金額になると、借りる際に収入証明書も必要になり審査に時間がかかってしまうからですね。

サクッと借りたいなら、20万円未満が良いです。それに、20万未満なら上の表を見ればわかりますが、合計利息も安いですからね!

36ヶ月で返済完了(実質年率17.8%)の場合

各借入金額を36ヶ月(3年)で返済するときの、毎月のご返済金額と合計利息・返済金額一覧(実質年率は最大の17.8%での計算をしています。)以下の表を参考にしてみてください。

プロミス(実質年率17.8%・36ヶ月で返済)
借入金額 月々返済金額 合計利息 合計返済額
10万円 3,605 29,765 129,765
20万円 7,210 59,557 259,557
30万円 10,815 89,345 389,345
50万円 18,026 148,918 648,918

プロミス公式ページ

プロミスのお申し込み~融資までの流れ

プロミスをお申し込みする際に最もラクなのが、ネットからのお申し込みです。

わざわざ店舗まで来店して「思いっているより借りれなかった…」なんていうことがないように、ネットからお申し込みを進めていきましょう。ちなみにですが、わざわざネットで申し込みをするのが面倒!!って思う方もいるかもしれないですね。

実は、私も最初はそう思っていました。

でも、ネットから申し込みをしておくと、店舗に行ってから待たされる時間が非常にみじかくなるんです。

やっぱりお金を借りる時って結構恥ずかしいものですし、知っている人には絶対に見られたくないもの…。だからこそ、店舗にいってからスムーズに無人契約機で契約できるようにしておくと良いんです。

余談ですが、昔はネット契約って出来なかったんですよね。だから、30分近くも無人契約機の中で待たされていることになるんですが…その時間ってめちゃくちゃ嫌でした・・

そのいやーな時間をショートカットするためにも、ネット申し込みをしておくべきなんです。

ステップ1 準備するもの

準備するものは以下の2つのみです。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書
必要な本人確認書類を確認する

1、本人確認書類

  • 「運転免許証」をお持ちでない方は、「パスポート」をご用意ください。
  • 本人確認書類と申し込みをする住所が異なる場合、以下の書類も必要
    • 公共料金の領収書(携帯電話料金は不可)
    • 社会保険の領収書
    • 国税・地方税の領収書
    • 納税証明書
  • 外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意ください。

2、収入証明書(※キャッシングはじめてで借入金額50万未満であれば不要)

借入額が50万円を超えるお客さまのみ

※ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま上記に該当する場合には、次の書類の中から1点をご用意ください。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

ステップ2 ネット申し込み

お申し込みはプロミス公式サイトからやっていきます。

プロミス公式ページ

受付は24時間365日です。いつでも公式サイトからお申し込みが可能になります。

ステップ3 在籍確認

在籍確認方法は基本的に1つです。

  • 電話連絡による在籍確認

おそらくほとんどの方は職場に電話連絡が入ることが嫌だと思います。

会社への電話で在籍確認に対してご要望がある場合には、申込完了後すぐにプロミスに相談をしてください。

ステップ4 審査結果待ち

以上で審査は完了になります。審査は最短30分で終えることが多いのですが、時間がかかる場合がございます。メールで連絡が来るまでしばらくお待ち下さい。この際、平日14時までに契約が通れば即日融資も可能になります。

ステップ5 審査完了後の借入までの流れ

さて、審査が完了したら、お近くの無人契約機へ移動しましょう。

この無人契約機では何をするのか?と不安に思う方もいるかと思うので、その点も説明しておきます。

無人契約機でやることは、カードを発行してもらい、ATMでお金を引き出すことです。何も難しいことはありません。これでお金を借りることが出来たというわけなんですね。

プロミスは初めての借入でも他社に借入があっても大丈夫

※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

プロミスでは、他社で借入がなく初めての借入であり、安定した収入源のある方であれば、以上の方法で即日借入も可能になります。また、他社に借入がある場合にも、かなり気にする方は多いのですが、延滞すること無くしっかりと返済ができていればそこら辺は問題にはならないケースが多いです。もちろん、延滞したり問題がある場合には、そこらへんは厳しくなっていますが。

私が過去に借り入れした経験からすれば、他社に借入があってしっかり返済していた方が、初めての借り入れよりも、信頼があるため即日にも融通が効きやすいという感覚でした。やっぱり信頼の高さが重要なんだなとおもいましたね。

プロミス公式ページ

みんなのプロミスでカードローン利用体験談

以下のフォルダマークタップで体験談をみることができます。

プロミスを含む合計5社から220万の借金をした男性のお話

最初に借りたのはかれこれ15年くらい前になります。当時は今ほど消費者金融業に対してクリーンなイメージではなくもっとダークなイメージで、借りに行くのにもかなり勇気が必要、そんな時代だったように思います。

職場の先輩に株式投資ビジネスに誘われ、安月給で蓄えもない私は、「小遣い稼ぎにちょっとだけ収入が増えれば…」、とそんな軽い気持ちである消費者金融から初めて、10万円を借りたのが始まりでした。あまりにも簡単に借りれたのでビックリしたのを覚えています。

返済も滞る事なく完済しました。が、株式投資ビジネスが上手くいかず、気付けば完済しては借り、完済しては借りの悪循環に陥っていました。

そんな矢先、返済実績が認められ増額の案内が・・・ 当時は総量規制も無かった為、収入の1/3以上の借り入れができる時代でした。

あっという間に限度額いっぱいの100万円まで借りてしまっていました。そうなってしまうと利息を払うのがやっとで元本が減らず、返済が滞るようになり、それを補う為に他社からまた借り入れては返済に回し、気付けば合計5社から220万円もの大金を借り入れている状態になっていました。

数年はただ利息を払う為だけに働いている、そんな毎日が続き仕事を辞め、もちろんネットワークビジネスも辞め、アルバイトを3つかけ持ち、朝から晩まで働いてようやく、返済残高が50万弱になったころには8年もの歳月が経っていました。

そんな時、TVCMで過払い金返還請求の事を知りダメ元で司法書士事務所に相談へ行き、調査依頼をお願いしました。

結果、5社の内、4社から返還してもらえると言われ手続きをお願いしました。総額約160万円の返還金、司法書士事務所に報酬と裁判費用、諸費用を支払い、手元に残ったのは120万円位でした。

もう二度と消費者金融からは借り入れまいと思い覚悟の上で裁判をしたので、きっと履歴が残って、今後は借り入れも出来ないとは思います。

過払い分のお金が返ってきてホッとした反面、何て無駄な時間を過ごしていたんだろうと暫くは反省ばかりしていました。

司法書士事務所に支払った成功報酬も今、思えば25〜27% だったので、返ってきたとはいえ、やはり高いです。二度と同じ過ちを繰り返さないようにと言い聞かせ過ごす毎日です。

私の場合は失敗例ですが、キチンと計画的に利用できる人は決して悪い事ばかりではないと思います。来店する必要がなかったり、ネット手続きで全て完結できる方法もあるようですし、何より急な入り用がある時などはスピード審査でその日に借りれたり・・ きちんと返済可能金額内で借りればそんなに悪い事ばかりでは無いです。

普段の生活の中で高収入でもない私にとっては強い味方でもあり、利用の仕方で敵にもなりうる、そんなものだと思います。

急にお金が必要になるんて事はよくある話だし、わたしのように子供や親など扶養家族がいる人間からしたら、自分の事以外で金策しなきゃいけない局面は日常茶飯事ですから。

低金利ですんなりと銀行が融資してくれるなら、一番ありがたいですが・・・

毎日毎日、コツコツ働いて貯蓄して、その中でやりくりしていければそれにこした事はないのでしょうけれど、なかなかそうはいかない人も沢山いらっしゃると思います。

貸してくれる友達も親も親戚もいない、消費者金融とはそうした人達の為にあると私は思います。

なるべくなら、お世話になりたくないけど、現実は厳しく、お世話になってしまわざるを得ない時もあります。

もし、そうなっても、なるべく短期間で完済するという強い気持ちがあって、深みにはまらず次へ進めるなら困った時の1つの選択肢であると思います。

繰り返すようですが、昨今は消費者金融に対するイメージは昔に比べかなり良くなりました。それだけ、必要とする人が沢山いるという事と、そういう世の中になってきたと言えると思います。

プロミスとアコムを利用した30代女性のお話

(30代 主婦)

私は、消費者金融でキャッシングした経験が2回あります。

一度目は、二十歳の頃でまだ初めての利用でした。たくさんある中で選ぶのは大変で、どこに決めたらいいのかわからず…ふと電車の中から見えた大きな看板に目が止まり、プロミスに入って行きました。

プロミスは、たくさんCMなどで見ていたので比較的不安ははなく、むしろ安心して利用することができました。また、当時は無人契約機とは言っても人がいたので丁寧に教えてもらって契約することができました。

二度目は、アイフルでした。二十歳のときから約10年後だったので、契約の内容や細かいことなどすべて違っていました。

まず、収入証明書が必要な可能性があること。これは融資額によってと言われ、私の収入からはそれ以上の融資は見込めなかったので最終的には必要ありませんでしたが…

それと、総量規制という新しい言葉を聞きました。早い話が、返済困難になるのを避けるためなのか?年収の3分の1以上の融資は認めません的なことでした。

これにはとっても困って、私が必要な金額は26万円だったのですが収入が釣り合わずで悩まされました。

ほとんど専業主婦でパートだったので、そこまでの収入はありませんでした。主に内職だったので、在籍確認もかなり手間取りましたが何とかクリアでき、最終的な融資額は25万円でした。

そのとき、収入証明書は必要ありませんでしたが、家族構成は細かく聞かれました。また、保険証の種類や、住居年数も聞かれました。

それと、個人的にちょっと大切かな?と思ったことは他社に借り入れがあるかないかです。結構細かく聞かれる感じで、社名と金額など…自己申告ですが調べればほぼわかるとのお話でした。

以前はカードが手元に来るまで、お金は借りることができない仕組みでしたが、今は個人の銀行口座に直接振り込んでくれるサービスもありました。

私はアイフルの申し込みは無人契約機ではなくインターネットでの申し込みでした。なので、カードが郵送されるまで利用できないのだとばかり思っていたんです。

しかし、『口座振込みは希望されますか?』と言われて、融資額全額は無理でも一部振り込みはできるとのことを教えてもらいました。

以前利用していたときはなかったのでとても驚きました。便利になっているなあと思いました。これなら、利用する側はどんどん利用しやすく便利になりますね。

仕事を変えれば収入も変わるので、融資額の見直しもしてくれるのでとっても便利です。その審査は何度でもし直してくれますし、電話やメールで結果を通知してくれるのでこちらはただ待つだけでした。

インターネットで問い合わせると自分専用のページがあって、そこで支払期日を少し延ばしてもらうこともできました。これはとてもありがたいサービスでした。どうしても返済できずに困っていたので、一週間くらい延ばしてもらえたときは本当に感謝しました。でも、一度だけで二度は延ばせないです。

そう言った配慮があり、オペレーターの方も女性でしたし話やすさもあり、とっても利用しやすいキャッシングサービスではないかと思います。

増額の申し込みのときなども、言葉がとても丁寧で言葉のはしはしに『おそれいります』など経緯を払ってくれているのがよく伝わって来ました。

返済額も、そこまで高くないので支払う方も楽々に対応できます。いざというときは期日延期も対応してくれるので、窮地に立たされるようなことはほとんどありません。

初心者にもオススメできますし、再利用者にも改めてアイフルがどれだけ使いやすいかもわかると思います。

キャッシングってするまではとてもドキドキで迷うこともありますが、借りてしまえば何でもっと早くしなかったのだろう?と思うくらい楽になりますよ。

プロミス公式ページ


女性の方はこちら⇒プロミスレディース公式ページへ

※女性オペレーターが対応してくれます。