バレンタイン お返し費用

  • バレンタインのお返し費用が足りない!
  • どれくらいの金額のお返しをすればいいの?
  • お返ししたくてもお金がない場合はどうしたらいいの?
  • お返し費用の捻出にカードローンは使うべき?

このような悩みや疑問を解決する記事をお届けします。

バレンタインでチョコレートなどをもらってお返しをしなきゃいけないことはわかっていても、お返しには費用がかかってしまいますよね。

彼女からもらう場合、気になっている女性からもらう場合、職場の同僚や友達から義理チョコとしてもらう場合など、色んなケースがあると思います。

この記事では、「バレンタインのお返しは絶対にするべきなのか」「お返し費用が足りない時にどうするべきなのか」といったことについて解説していきます。

バレンタインのお返しは必ずするべき?

  • 彼女や意中の女性からの本命チョコ
  • 職場の同僚や友達からの義理チョコ

相手との関係性は色々とありますが、基本的に、バレンタインで何かを受け取ったのであれば、それに対してのお返しはするべきです。

「バレンタインをもらったらホワイトデーにお返しする」

こういった決まりのようなものがある以上は、ちゃんとお返しをしないと、相手からの信頼を失ってしまいかねません。

お金がかかるしできればお返ししたくない…という気持ちはよくわかりますが、1度の失敗で女性からの信頼ってすぐになくなってしまうこともありますからね^^;

いくらくらいのお返しをするべきか

もらったものと同じくらいの金額のお返しをすればいい

そう思うかもしれませんが、実際のところ、女性の中にはかけたお金の2倍以上のお返しを望んでいます。

2倍どころか、最近は4倍返しを望んでいる女性も少なくないようですね^^;

お返しはいくらくらいのものがいいのだろうか。「本命からのお返しに期待する金額は?」と聞くと、最も多かったのは「金額は気にしない」で45.2%。以下、「同額」(21.7%)、「2倍」(18.0%)、「3倍」(9.1%)、「4~5倍」(4.4%)が続いた。ITメディアより引用

これを知った時に僕はびっくりしましたが、友達の話とかを聞いていると、(はっきりと金額のことは言わないですが)どうやら本当みたいです。

例えば、バレンタインで3000円くらいのものをもらったのなら、人によっては1万円くらいのお返しはした方がいいということですね。

「1万円って何あげればいいの?」と思うかもしれませんが、例えばもらった相手が彼女であれば、マフラーのような普段身につけるものをプレゼントするなど、食べ物以外のものなら選択肢はいくらでもあると思います。

もらった相手が職場の同僚や友達でしたら、形あるプレゼントは引かれる可能性もあるので、有名なお店のスイーツなどが無難かもしれないですね。

相手が本命の場合は関係性によって返すべきかが決まってくる

先ほどもお伝えしたように、バレンタインに何かをもらった場合、基本的にはお返しをするべきです。

お金が足りなかったとしても、一時的にでも捻出してお返しをしないと、以後ずっと信頼を失ってしまう可能性もあるからです。

※お返し費用の捻出方法は後ほど説明します

ただ、もらった相手が付き合っている彼女や意中の女性などの本命であれば、お返しをするかどうかは関係性で変わってきます。

  1. 付き合って長い彼女(1年以上)
  2. 付き合って日が浅い彼女
  3. まだ付き合っていない女性

この3つのパターンに分けて解説していきます。

1、付き合って長い彼女(1年以上)の場合

すでに付き合ってから1年以上経っている場合、相手との信頼関係もしっかりと結ばれていると思うので、金銭的に厳しくてお返しができないことを正直に話してしまってもいいと思います。

後ほど、お返し費用をカードローンで用意する方法について解説しますが、付き合って長い彼女に対してお金を借りてまでお返しをすると「借金してまでお返ししてくれなくていいのに…」と泣かれてしまう可能性だってあります。

カードローンで借りたお金を返せる当てがあるのなら、彼女に内緒にしてお金を借りるのも1つですが、相手との結婚を考えているのであれば、将来のことも考えて今は金銭的に余裕がないことをはっきりと伝えてしまった方がいいはずです。

むしろ「無理してでもちゃんとお返しはしてほしい」と思うような女性との結婚は避けた方がいい、というのが正直なところですね。

2、付き合って日が浅い彼女

付き合い始めてからまだ1年も経っていないような場合は、多少無理してでもお金を用意して、ちゃんとしたお返しをした方がいいかなと思います。

たった1度ガッカリしただけで別れてしまうケースって多いですし、バレンタインのお返しをしなかっただけでそれ以降上手くいかなくなってしまうのは避けたいですよね。

であれば、カードローンを利用して一時的にお金を用意してでも、彼女が喜ぶようなお返しをした方が今後のことを考えたらプラスですね。

付き合った最初のうちは「ある程度の見栄」もあった方が、上手く付き合っていけるかと思います。

3、まだ付き合っていない女性

付き合う前の駆け引き段階の女性には、間違いなくお返しはした方がいいです。

バレンタインをくれたのにお返しがなかったら、その後交際に発展していく可能性は一気に低くなってしまいますよね。

もちろん、お金を借りてお返しを用意したことを相手に伝える必要はないので、一時的にカードローンを利用して、目処が立ったら返済するようにしましょう。

相手のことが気になっている・付き合いたいと思っているのならお返しは必須ですね。

お返し費用が足りない時にはカードローンの利用がおすすめ

ここまでにも「カードローン」という単語が何度か出てきましたが、お返し費用が足りない時はカードローンを利用するのが、手軽で確実な方法です。

カードローンとは?
プロミス・アイフル・みずほ銀行カードローンなど、お金を貸してくれるサービスのこと。消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの2種類がある。

カードローンでお金を借りる→給料が入るなどお金に余裕ができたら返済する

上記の手順でバレンタインのお返し費用を用意すれば、誰にも迷惑はかからないし、確実です。

また、カードローンと聞くと金銭的な負担が大きくなるイメージを持つ人もいますが、そうでもありません。

例えばアイフルで10万円を借りた場合、月々の返済金額は4000円なので、金銭的な負担はかなり小さいと言ってもいいですね。

カードローンは何を利用すればいい?

カードローンと一言で表しても、利用できるサービスはたくさんあります。

自分なりに比較してみてもいいですが、特に大事な選ぶ基準が2つあります。

  1. 大手の会社であること
  2. 審査→借入までのスピードが早いこと

小さいカードローン会社を利用すると、会社が倒産したことによって権利が他の会社に移り、前触れもなく一括請求をされる可能性があります。

毎月数千円の返済であればそこまでの負担にはなりませんが、いきなり10万円も20万円も請求されたら困ってしまいますよね。

また、審査スピードが遅いと、すぐにお金を借りることができなくてホワイトデーまでに間に合わない、、なんてことにもなってしまいます。

そのため、「大手であること」と「審査スピードが早いこと」は必ず守るようにしてください。

どこにしていいのかわからなければ、

  • アイフル
  • プロミス

このあたりにしておけばいいですね。

⇒ プロミスでお金を借りるにはこちら

⇒ アイフルでお金を借りるにはこちら

※どちらも初契約で条件を満たせば最大30日間金利0円で借りることができます。

バレンタインのお返し費用が足りない!カードローンを使うべき?のまとめ

最後に、この記事で解説した内容をまとめると、

  • バレンタインのお返しをしないと相手の信頼を失ってしまう可能性がある
  • 多くの女性はかけたお金の3倍以上のお返しを望んでいる
  • 相手が本命の場合は関係性によって返すべきかが決まってくる
  • お返し費用が足りない時にはカードローンの利用がおすすめ

お金が足りないからとホワイトデーにお返しをしなかったり、妥協したお返しをしてしまうと、その後の関係性が悪化してしまうことも十分に考えられます。

対策がなければ仕方ないですが、カードローンを利用すればそこまで負担なく手軽にお金を用意することができるのですから、一時的にでも利用した方がいいはずです。

バレンタインのお返し費用を用意できずに困っているのなら、大手で審査スピードが早いカードローンを利用して対策していくことをおすすめします。

⇒ プロミスでお金を借りるにはこちら

⇒ アイフルでお金を借りるにはこちら

※どちらも初契約で条件を満たせば最大30日間金利0円で借りることができます。


自分にぴったりのカードローンを探すにはトップページヘ