車検費用 払えない

  • 車検の時期が迫ってきているけどお金がない!
  • どうしても車検費用が払えないけどどうしたらいい?
  • 車検費用を分割で払うことは可能なの?

このような悩みや疑問を解決する記事をお届けします。

車を持っていると必ず訪れるもの。それが「車検」です。

乗っている車によって費用は変わってきますが、普通車ですと2年ごとに車検が必要になってきますから、これってけっこう大きな負担ですよね。

この記事では、最初に車検費用の相場について触れた上で、費用が払えない時の対処法について解説していきます。

車検費用の相場はどれくらい?

車検相場

車検費用は車種によって変わってくるので、表にしてまとめてみました。

車種 自賠責保険料 重量税 印紙代 法定費用合計
軽自動車 26,370円 8,800円 1,100円 36,270円
乗用車(〜1.0t) 27,840円 16,400円 1,700円 45,940円
乗用車(〜1.5t) 27,840円 24,600円 1,800円 54,240円
乗用車(〜2.0t) 27,840円 32,800円 1,800円 62,440円
乗用車(〜2.5t) 27,840円 41,000円 1,800円 70,640円

このように、車の重量によって法定費用はけっこう変わってきます。

また、上記の法定費用に加えて、点検費用がかかってくるのですが、これはどこに車検をお願いするか?で変わってきます。

点検費用の相場は、

  • カー用品店:20,000円~60,000円
  • ガソリンスタンド:20,000円~60,000円
  • 民間整備工場:25,000円~80,000円
  • フランチャイズ店:25,000円~80,000円
  • ディーラー:40,000円~100,000円

とバラつきがありますが、法定費用と合わせると、どこにお願いしたとしても10万円前後のお金がかかってきてしまいます。※少しでも安く車検を実施したい場合には、後述している一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

10万円となるとけっこう大金ですから、車検費用が払えなくて嘆いている人が多いのも納得です^^;

車検費用の一括見積なら楽天車検

少しでも安い車検費用の企業を探すならば、楽天車検で一括見積を利用するのがおすすめです。

楽天車検のおすすめポイント

  • 選べる店舗は4000店以上
  • 場所や条件で検索し、金額を比較!
  • ネットから24時間お見積もり予約を受付中
  • 楽天会員ならポイントプレゼント付き!

楽天車検

車検が払えない時の対処法は3つある

言うまでもないことかもしれませんが、お金がないからと言って車検を通さずに車に乗るのは絶対にNGです!

車検切れの車に乗っていると、

  • 6ヶ月以下または30万円以下の罰金
  • 免許停止

と大きな罰則を受け、立派な犯罪となってしまうので、それだけは避けるようにしてください。

車検が払えない時の対処法としては、

  1. 車検ローン(分割払い)を利用する
  2. ユーザー車検を利用する
  3. カードローンを利用する

この3つがありますので、それぞれを順に解説していきます。

1、車検ローン(分割払い)を利用する

車検自体を分割払いすることはできませんが、カー用品店やディーラーなどに車検を代行してもらった場合、そこで用意されている車検ローンを利用することは可能です。

車検ローンには点検費用のみが適用されるものと、法定費用・点検費用の両方が適用されるものがあるので、事前にチェックしておきましょう。

ただし、全ての業者で車検ローン(分割払い)を利用できるわけではないので、そこは注意が必要ですね。

車検ローンが用意されていなかった場合は、クレジットカードで決済して、分割払い・リボ払いにするのも対処法の1つです。

2、ユーザー車検を利用する

【ユーザー車検】
カー用品店・ディーラーなどの業者を通さずに、自分で車検を通す方法。

ユーザー車検を利用すると、業者に支払うお金がなくなるわけですから、車検費用を5万円前後減らすことができます。

5万円となると大金ですから、金額的なメリットは大きいユーザー車検ですが、自分で車検を通す必要があるため以下のデメリットがあります。

  • 自分で点検をする必要がある
  • 結局業者にお願いすることになる可能性もある

手間がかかりますし、整備の知識がない人にとってはかなりハードルが高いと思います。

お金を節約するために挑戦してみてもいいですが、点検や整備を自分だけで行うのは難しく、最終的には業者にお願いすることになったケースも少なくないので、二度手間を避けるためにも最初から業者にお願いした方がいいような気もします。

3、カードローンを利用する

カードローンを利用して、車検費用を捻出するのも1つです。

「カードローンを利用するなら車検ローンを利用した方がいいのでは?」

と思うかもしれませんが、カードローンには金利0円サービスを行っている業者もありますので、車検ローン(分割払い)を利用するよりも余計なお金を払わなくて済んだりするのです。

どのカードローンを利用するのがいい?

対処法の3つ目で紹介したカードローンですが、あまり馴染みがないかもしれないので、もう少し詳しく解説しますね。

カードローンは大きく分けると

  • 銀行系カードローン
  • 消費者金融系カードローン

上記2種類があります。

銀行系カードローン・消費者金融系カードローンそれぞれの代表的なカードローンを紹介すると、

  • 銀行系カードローン:みずほ銀行・オリックス銀行
    • 銀行系カードローンの審査に通った人を見る限り、かなりの高年収の方です。
  • 消費者金融系カードローン:プロミス・アコム・アイフル

が挙げられます。

では、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンどちらを利用するのがいいか?ですが、これは消費者金融系カードローンがいいです。

消費者金融系カードローンをおすすめする理由は2つあります。

  1. 申し込みから借入までがスムーズ
  2. 審査時・延滞時などの融通がききやすい

車検費用を捻出することが目的ですから、手軽にカードローンを利用したいはずです。

それなのに、申し込んでから借入するまでに1週間以上かかってしまったり、審査が厳しくて通らなかったり、、ということは当然避けたいですよね?

銀行系カードローンの方が金利は数パーセントほど低いですが、金利0円サービスを利用すれば、それもデメリットではなくなります。

おすすめの消費者金融系カードローン

「消費者金融系カードローンがいいのはわかったけど、じゃあどこを利用すればいいの?」

そんな声が聞こえてきそうなので、最後におすすめの消費者金融系カードローンを紹介します。

消費者金融系カードローンの中でも当サイトにてお申し込み数が最も多い(※)のはプロミスです。(※2017年1月1日~2018年8月31日までの調査)

消費者金融系カードローンを選ぶ時の基準って2つあります。

  1. 信頼できるサービスかどうか
  2. 金利0円サービスを行っているかどうか

プロミスはCMもやっており、多くの人に利用されているカードローンとして信頼できるサービスです。

特に、大手の会社を選ばないと会社が倒産するリスクがあります。倒産すればお金を返さなくて良いんじゃ?と思うかもしれませんが、そうではありません。

会社が倒産してしまうと、借りたお金の残りを一括で請求されるようなケースもあるので、「大手かどうか」は本当に大事なんです。

また、プロミスであれば30日間の無利息サービスを行っているので、次の給料日に返済してしまえば金利は一切かからないですし、仮に期間内に全額を返済しなかったとしても、30日分の金利を払わなくていいのは大きいですよね。

車検費用が払えない時の対処としてカードローンを利用するのであれば、プロミスの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

プロミスカードローン

金利 4.5~17.8%
限度額 1~500万
審査時間 最短30分

プロミスカードローンをおすすめする理由

  • はじめての利用ならば30日間無利息サービス
    • 申込時にウェブ明細利用とメアド入力だけでOK
  • 最短30分審査ですぐに対応可能
  • 土日祝日でもお金を借りれる
  • 公式サイトにて3秒お借入診断あり
  • 50万以下なら原則収入証明書不要で楽ちん!
  • 夜に申し込めば翌朝早くに借り入れ可能

プロミス公式サイトへ

★公式サイト⇒https://promise.jp/

★女性オペレーターに対応してもらいたい場合にはレディースキャッシングhttps://ladies.promise.jp/